非 正規 最高 裁。 明暗分かれた非正規格差判決 個別判断も、にじむ経営配慮―最高裁:時事ドットコム

非正規契約社員、最高裁で逆転敗訴 退職金など待遇格差「不合理と言えず」

裁 最高 非 正規 裁 最高 非 正規

ただ、現実として正社員のみに漫然と手当や休暇を与えている企業は少なくない。

非正規契約社員、最高裁で逆転敗訴 退職金など待遇格差「不合理と言えず」

裁 最高 非 正規 裁 最高 非 正規

大阪医科薬科大学に対して賞与、東京メトロ子会社・メトロコマースに対して退職金を求めた訴訟では、「格差は不合理ではない」、日本郵便に対して扶養手当など各種手当を求めた訴訟では「格差は不合理である」と判断が分かれました。 不合理性の判断に当たっては、全体的な評価だけでなく個々の賃金項目ごとに判断すべき 不合理性の判断においては、賃金の総額だけで判断するのではなく、賃金項目の趣旨によりその考慮すべき事情や考慮の仕方も異なり得るというべきであるから 個々の賃金項目を個別に考慮すべきものと解する、としています。 他者と比較することで、やる気などの前向きな気持ちが喚起されることだってある。

20

郵便局 非正規契約社員 待遇に不合理な格差 違法の判断 最高裁

裁 最高 非 正規 裁 最高 非 正規

5 退職金は積み立てが必要であり、老後への備えも多様化 補足意見でも触れられていますが、終身雇用の崩壊、人生100年時代の就業長期化、年金2000万円問題等の社会情勢においては、「退職時に退職金を受け取って悠々自適な老後」というライフプランだけが正解ではなく、人それぞれ状況は異なります。

非正規職員ボーナス退職金なし “不合理格差当たらず” 最高裁

裁 最高 非 正規 裁 最高 非 正規

法整備が進められる一方、正規と非正規の格差をめぐる裁判の判例はまだ少なく、最高裁判所の判断はおととしの判決のみです。

7

非正規格差 最高裁が判決 ボーナスや退職金について初の判断

裁 最高 非 正規 裁 最高 非 正規

勤続年数も、正社員の大半は東京メトロからの中途入社のため10年に満たない一方、契約社員は勤続10年を超えていると指摘。 これで非正規の低賃金は解消されるのか、と。 (シニアライター 礒哲司). この国は、労働人口の4割弱を占める非正規労働者をどこまで酷く扱うつもりなのでしょうか。

15

待遇格差訴訟、最高裁は日本郵便の手当不支給に「不合理」の判決。非正規の待遇はどうなる?

裁 最高 非 正規 裁 最高 非 正規

女性は東京メトロ子会社の駅売店で契約社員として働き、退職金が支給されないのは労働契約法20条が禁止する「不合理な格差だ」と訴えていた。

6

非社員の待遇差「不合理」 最高裁、手当や休暇認める:朝日新聞デジタル

裁 最高 非 正規 裁 最高 非 正規

みずほ総合研究所の試算)。