レヴォーグ。 【スバル レヴォーグ 新型試乗】GT

レヴォーグ(スバル)の中古車

レヴォーグ レヴォーグ

ボディカラーは初代(2019年5月改良時点)から全色踏襲されているが、「WRブルー・パール」は初代モデルの「STI Sport EyeSight」同様に「STI Sport」専用色。 特に電制ダンパーやドライブモードセレクトが備わる「STI Sport」グレードは先代からわずか5万円程度(予想)の価格アップに抑えられているのが魅力的。 5トンのため、加速性能はどうしても劣りがちです。

18

スバル、新型「レヴォーグ」は「スバルが現在持ちうるすべての技術を結集したクルマ」 先行予約で「アイサイトX」の装着率は93%

レヴォーグ レヴォーグ

このように、新型レヴォーグはアグレッシブなフットワークを身上としているのだ。

11

熱血“スバリスト”も大興奮! ここがすごいぞ新型「レヴォーグ」

レヴォーグ レヴォーグ

駆動方式は、AWDのみ。 ただ、リアビューについては、テールランプのデザインを含め、もうちょっとアグレッシブさが欲しかったなぁと感じます。

13

スバル新型レヴォーグ・新旧比較:ボディサイズは? エンジンは? アイサイトは? 6年分の進化を比べてみた|ワゴン|Motor

レヴォーグ レヴォーグ

これまでのACC機能では、カーブも料金所 先行車がいない場合 も、設定速度のまま突っ込んでしまうのだ。 インテリアでは、「1. 2015年4月16日 一部改良。 6リッターダウンサイジングターボ…かなり走り出しのモッサリ感を感じる。

3

スバル レヴォーグ|価格・新型情報・グレード諸元

レヴォーグ レヴォーグ

世界的にも採用例の少ない水平対向エンジンは、どちらのグレードでも「電動車かっ」と驚くほどスムーズかつ静かに回る。 0GT-S EyeSight」をベースに、外観はアルミホイールをブラック塗装に、リアオーナメント(LEVORG、シンメトリカルAWD)をラスターブラックに、カラードドアミラーをブラックにと黒でコーディネート。

6

スバル レヴォーグ|価格・新型情報・グレード諸元

レヴォーグ レヴォーグ

0Lエンジンの「」型は221kW 300PS の最高出力と、400N・m 40. また後席の収納に関しても、シートバックにポケットがあれば良かったですね。 瞬時の判読性に優れ、情報を見落とすことがなかった。 旧型レヴォーグはアナログ式2眼メーターで、中央に液晶ディスプレイを採用する。

4