地球 科学 総合 研究 所。 教員紹介

産総研:地質調査総合センター

科学 総合 研究 所 地球 科学 総合 研究 所 地球

谷口 正伸(和歌山大学システム工学部環境システム学科・助教): 水環境工学• WERSは、地球再生を核とする独自のプラットフォームの確立を目指し、新たな知を結集させ、そこから新たな地球再生の道筋を探ることを目的としています。 政府系機関・公益法人・一般法人• 陳 建耀(中山大学・教授)• 特に「あかつき」金星探査データを用いた大気ダイナミクス、大気微粒子による光散乱を含む放射伝達を中心とする他、磁気圏と太陽風との相互作用なども研究対象とする。 一般財団法人 石油開発情報センター(ICEP)• 私たちは1882年に産総研の前身である地質調査所が設立されて以来、現在にいたるまで一貫して日本で唯一の「地質の調査」のナショナルセンターとして地質情報の整備に取り組んできました。

13

地球規模の課題解決に貢献する研究活動の推進と人材育成|取り組み事例|持続可能な開発目標(SDGs)への科学技術イノベーションの貢献

科学 総合 研究 所 地球 科学 総合 研究 所 地球

井筒 耕平(岡山県西粟倉村 村楽エナジー(株))• 基盤研究部門は、宇宙線研究部、太陽圏研究部、電磁気圏研究部、気象大気研究部、陸域海洋圏生態研究部、総合解析研究部、年代測定研究部の7つの研究部から構成され、ここでは、各専門分野における基盤的な研究を推進します。 そのため、運営協議会や共同利用・共同研究委員会など外部の有識者を過半数含む委員会を設置しています。 多くのみなさんが総合解析研究部の研究に興味を持っていただけるようお願い致します。

17

株式会社地球科学総合研究所

科学 総合 研究 所 地球 科学 総合 研究 所 地球

開發 一郎(広島大学大学院総合科学研究科・名誉教授): 水文学• 国内および海外における石油・天然ガスなどの資源開発を対象とする各種物理探査を実施すると共に、これにかかわる基礎・応用技術、宇宙から地球を探査するリモートセンシング技術などの研究開発を遂行して参りました。 Iwan Ridwansyah(インドネシア科学院)• 岩田 徹(岡山大学大学院環境生命科学研究科・准教授): 環境大気科学• 北岡 豪一(岡山理科大学基礎理学科・教授):陸水物理学• 通常、LT-7700はテレメータモードで利用されることが多い製品ですが、今回はロガーモードによる省電力機能が役立ちます。 飯田 晶子(東京大学大学院工学研究科)• 国立研究開発法人 海洋研究開発機構(JAMSTEC)• 有冨 大樹 2016年修士課程修了(現在 山口県庁)• 研究室あるいは個人ページ ISAS Web個人ページ 氏名 田中 智(たなか さとし) 身分 准教授 総研大所属分野 宇宙観測科学講座 飛翔体太陽系科学分野 宇宙研研究系 太陽系科学研究系 担当授業 固体惑星探査科学特論 研究のキーワード 研究指導内容・方針 固体惑星内部構造に関する研究及び飛翔体を用いた惑星内部構造探査法の研究を指導する。

10

株式会社地球科学技術研究所

科学 総合 研究 所 地球 科学 総合 研究 所 地球

観測点のシステムと死活監視のデザインは地球科学総合研究所様が自ら行い、構想検討からわずか1ヶ月で下記のシステムが構築されました。

事例:地球科学総合研究所様|ソリューション|白山工業株式会社

科学 総合 研究 所 地球 科学 総合 研究 所 地球

進学希望者へのメッセージ 好奇心旺盛で元気があれば何でもできます。

20

地球規模の課題解決に貢献する研究活動の推進と人材育成|取り組み事例|持続可能な開発目標(SDGs)への科学技術イノベーションの貢献

科学 総合 研究 所 地球 科学 総合 研究 所 地球

進学希望者へのメッセージ 好奇心が旺盛で、自ら考え行動する学生さんを歓迎します 研究室あるいは個人ページ ISAS Web個人ページ 氏名 安部 正真(あべ まさなお) 身分 准教授 総研大所属分野 宇宙観測科学講座 飛翔体太陽系科学分野 宇宙研研究系 太陽系科学研究系 担当授業 太陽系探査科学概論 研究のキーワード 惑星探査、観測機器開発、地上観測、地球外物質分析 研究指導内容・方針 太陽系小天体の起源と進化に関する研究を行う。 進学希望者へのメッセージ 過去の専門分野は問わないが、太陽系探査科学とアストロバイオロジー分野に新しい潮流を生み出す意欲を持ち、天文観測・試料分析・数値計算・実験計測・野外巡検・機器開発いずれか一つ以上の経験があることが望ましい。

10