処女 を 捧げ た 彼氏 に 言 われ て av に 出る デカパイ 娘 が アヘ 顔 で イキ 狂い。 萌えた体験談 <寝盗り鬼>

萌えた体験談 <寝盗り鬼>

言 デカパイ に 処女 出る アヘ を 彼氏 われ 捧げ イキ 狂い が で 顔 に av て 娘 た 言 デカパイ に 処女 出る アヘ を 彼氏 われ 捧げ イキ 狂い が で 顔 に av て 娘 た

」 千枝は、怒った素振りで新井に背を向けた。 「千枝~ 俺のザーメンどこに欲しい~! 「どうやってすればイイの?」 マリがペニスを見つめながら訊いてきた。

2

萌えた体験談 <寝盗り鬼>

言 デカパイ に 処女 出る アヘ を 彼氏 われ 捧げ イキ 狂い が で 顔 に av て 娘 た 言 デカパイ に 処女 出る アヘ を 彼氏 われ 捧げ イキ 狂い が で 顔 に av て 娘 た

「ホントにスゴーイ! すかさず新井が腰を引き、再び千枝のヴァギナ奥深くに、その極太ペニスを打ち込む準備をした… それを察した千枝は観念したのか、電話の向こうの北野に向かい… 「さっきは…あンッ… アタシのぉ…んんぅ…おまっ…おマンコにぃぃぃ… 新井くんのっ! ホラ、耕平クンもお礼言わないと」 監督が言った。 スタッフは俺も含めて5人。 そして、ベランダの俺の存在など毛の先ほども残っていなかったのだろう… 「よぉ~し しっかりご奉仕してくれよ~ あのアバズレの汁も綺麗にしてくれよ~ん」 新井はタバコの煙を、千枝に吐き出しながら、再びペニスを千枝の口元に突き付けた。

17

萌えた体験談 <寝盗り鬼>

言 デカパイ に 処女 出る アヘ を 彼氏 われ 捧げ イキ 狂い が で 顔 に av て 娘 た 言 デカパイ に 処女 出る アヘ を 彼氏 われ 捧げ イキ 狂い が で 顔 に av て 娘 た

コリコリコリコリコリコリ… 爪の先で両側の乳首を小刻みに弾くように刺激する。 「ああああぁあ… キモチイイ…」 普段のセックスでは声なんて出ないのに、どうしても我慢できない。

12

萌えた体験談 <寝盗り鬼>

言 デカパイ に 処女 出る アヘ を 彼氏 われ 捧げ イキ 狂い が で 顔 に av て 娘 た 言 デカパイ に 処女 出る アヘ を 彼氏 われ 捧げ イキ 狂い が で 顔 に av て 娘 た

到着し、マリを新井に任せて、俺は弁当の用意してある控え室で一服しようとしていた。

5

萌えた体験談 <寝盗り鬼>

言 デカパイ に 処女 出る アヘ を 彼氏 われ 捧げ イキ 狂い が で 顔 に av て 娘 た 言 デカパイ に 処女 出る アヘ を 彼氏 われ 捧げ イキ 狂い が で 顔 に av て 娘 た

んで、この恥ずかしく勃起したチンコを直接触って欲しいのね?」 「ハイ、そうです… その勃起したチンコを直接触って下さい…」 屈辱だった…だが、快感でもあった… 「木下…やっぱアンタ、ドMだわ…フフフ」 そう言いながら千枝は、右手をおもむろにブリーフの中に突っ込み、痛いくらいに勃起したペニスの根本の方を握りしめた… 「うぅっ! が、相変わらず千枝がガッチリ背中から抱きついていて、バランスを崩し、逆に背中で千枝を押し倒す形になってしまった。 千枝は、そんな俺の顔をジーッと見つめている… やがて、再び口づけをしてきた。 俺は、言われるがまま、その女に声をかけた… 「あの~、お姉さん、スイマセン…」 新井に励まされ、そして促されて声をかけた女は、少し濃いめのメイクをしていたが、美人だった。

19

萌えた体験談 <寝盗り鬼>

言 デカパイ に 処女 出る アヘ を 彼氏 われ 捧げ イキ 狂い が で 顔 に av て 娘 た 言 デカパイ に 処女 出る アヘ を 彼氏 われ 捧げ イキ 狂い が で 顔 に av て 娘 た

「俺にとっても千枝のおマンコはキモチイイおマンコだからなぁ… 入れてやろうかな~」 自分の性器を褒められたのが嬉しいのか、千枝は照れたように微笑んだ。 見つかったら、絶対にヤバいから」 「わ、分かりました。 客観的に見て、北野が一方的に千枝に言い寄っている…そんな感じだった。

14

萌えた体験談 <寝盗り鬼>

言 デカパイ に 処女 出る アヘ を 彼氏 われ 捧げ イキ 狂い が で 顔 に av て 娘 た 言 デカパイ に 処女 出る アヘ を 彼氏 われ 捧げ イキ 狂い が で 顔 に av て 娘 た

アナタ、臭いフェチって言っておられましたよね? そのガマン汁の臭いはどうですか?」 監督が思い出したかの様に、訊いてきた。 」 腰を引きそうなくらいの、鋭い快感がペニスから腰に向かって貫いていった… 「あっ! 「もぅ千枝のおマンコぐしょぐしょです! そう言うと、新井は、携帯の着信リダイアルを押し、千枝に手渡した。