金魚 繚乱。 大正殉愛 金魚撩乱

岡本かの子

繚乱 金魚 繚乱 金魚

彼女は兄夫婦の家の家政婦の役を引受けて、相当に 切廻 ( きりまわ )していた。 崖下に住まう金魚屋の息子の複一は、かつていじめつけた崖上に住まう令嬢、真佐子のもつ肉体美と無性格に魅惑されるようになる。 かろきねたみ(、青鞜社)• 複一は未練がましい「執着心」をそなえ「現実世界」に属しており、真佐子は「縹渺」とした態度をそなえ肉体は「現実世界」に、しかし精神は「非現実的世界」に属しており、どこか無限の遠方から真佐子の生は操られている。

10

岡本太郎ママによる「金魚繚乱」は金魚で男の人生も繚乱

繚乱 金魚 繚乱 金魚

わけて真佐子のような天女型の女性とは 等匹 ( とうひつ )できまい。 これに対して複一の性格は「自己愛的傾向性」を有している、そして、その傾向性は、みずからの生の安心(存在)を希求する特徴をもっている。

11

岡本太郎ママによる「金魚繚乱」は金魚で男の人生も繚乱

繚乱 金魚 繚乱 金魚

すごいですねえ。 池は 葭簾 ( よしず )で 覆 ( おお )ったのもあり、 露出 ( ろしゅつ )したのもあった。

岡本かの子「金魚撩乱」について。: 文学少女に恋して。

繚乱 金魚 繚乱 金魚

5

『岡本かの子 (ちくま日本文学)』(岡本かの子)の感想(12レビュー)

繚乱 金魚 繚乱 金魚

楼上 ( ろうじょう )で 蛾 ( が )が一二匹シャンデリヤの 澄 ( す )んだ灯のまわりを 幽 ( かす )かな淋しい悩みのような羽音をたてて飛びまわった。

10

『岡本かの子 (ちくま日本文学)』(岡本かの子)の感想(12レビュー)

繚乱 金魚 繚乱 金魚

「妙なところを散歩に 註文 ( ちゅうもん )するのね。 そんなあたりの影響があるなあ、と思いました。 でもふたりは現実的に結ばれることは無い。

11