都市 計画 法 29 条。 都市計画:開発許可制度の概要

都市計画法に基づく開発行為の許可等について|藤沢市

29 条 都市 計画 法 29 条 都市 計画 法

許可又は不許可の通知 [ ] 開発許可の申請がなされた場合、都道府県知事等はその内容が上述の基準に適合しているか等を審査し、遅滞なく、許可または不許可の処分をしなければならない(第1項)。 ~表は下にまとめています~ 2 都の区域(特別区の存する区域に限る。 5-5 不服申立ての特例 第6章 違反開発行為等に対する処置等• 技術基準(令第36条第1項第1号) 次の基準に適合していることが必要です。

17

開発許可が不要となる公益目的とは?[都市計画法第29条第1項第三号]

29 条 都市 計画 法 29 条 都市 計画 法

理由は、分かりますよね。 都市計画法第34条8号:危険物の貯蔵・処理用の建築物等で、市街化区域内での建築が不適当な建築物(ガソリンスタンドなど)• 仮設建築物の新築• [都市計画法第29条第1項第三号]・・・開発許可が不要 駅舎その他の鉄道の施設、図書館、公民館、変電所その他これらに類する公益上必要な建築物のうち開発区域及びその周辺の地域における適正かつ合理的な土地利用及び環境の保全を図る上で支障がないものとして 政令で定める建築物の建築の用に供する目的で行う開発行為 法文だけですと分かりづらいので、あまり見た目は変わりませんが表にしてみます。

都市計画:開発許可制度の概要

29 条 都市 計画 法 29 条 都市 計画 法

また、司法書士事務所では、不動産登記の専門家として登記だけでなく、離婚協議書の作成や遺産分割協議書の作成、相続登記、自己破産の申請を数多く行っており、住宅ローンなど金銭的問題・離婚・相続などを中心に法律に関わる不動産売却の相談が年間1000件以上ある。

開発許可が不要となる公益目的とは?[都市計画法第29条第1項第三号]

29 条 都市 計画 法 29 条 都市 計画 法

おしらせ• もともと開発許可が必要となる理由は、公共施設の整った良好な市街地を整備しようというものです。

18

開発行為の許可(都市計画法第29条)

29 条 都市 計画 法 29 条 都市 計画 法

公共施設管理者の同意書(同条第2項、後述。

7

都市計画法

29 条 都市 計画 法 29 条 都市 計画 法

2.開発許可が不要な場合 1 総論 原則として、全国でどこでも開発行為を行う場合には開発許可が必要となりますが、ただ、この開発許可については、許可が不要になる例外が結構あります。 技術基準(法第33条) 良好な市街地の形成を図ることや、宅地に一定の水準を確保させるため、次の基準が定められています。

9

開発許可制度便覧について

29 条 都市 計画 法 29 条 都市 計画 法

) 許可の申請にあたっては、次のことに留意してください。 5 都市計画事業の施行として行う開発行為(1項4号) 「他の法律によって規制されている場合」として開発許可が不要となります。

9

都市計画法

29 条 都市 計画 法 29 条 都市 計画 法

2-10 変更の許可と変更届(法第35条の2)• 都市計画区域及び準都市計画区域外の区域内において、それにより一定の市街地を形成すると見込まれる規模として政令で定める規模以上の開発行為をしようとする者は、あらかじめ、国土交通省令で定めるところにより、都道府県知事の許可を受けなければならない。

6