災害 救助 法 施行 令。 災害救助法施行令の全文・条文

災害救助法施行令

救助 法 施行 令 災害 救助 法 施行 令 災害

に入所する者 二十歳未満の者に限る。 三 当該市町村の区域を包括する都道府県の区域内において、当該都道府県の区域内の人口に応じそれぞれ別表第四に定める数以上の世帯の住家が滅失したこと又は当該災害が隔絶した地域に発生したものである等災害にかかつた者の救護を著しく困難とする厚生労働省令で定める特別の事情がある場合であつて、多数の世帯の住家が滅失したこと。

12

災害救助法について(市町村職員向け)

救助 法 施行 令 災害 救助 法 施行 令 災害

第四章 罰則(第45条-第48条)• 多数の者が生命または身体に危害を受けた、または受けるおそれが生じた場合。 附則 (昭和二八年八月一二日政令第一八一号) この政令は、公布の日から施行する。 水防法 昭和二十四年法律第百九十三号 の規定による損害の補償 非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の規定による療養補償に限る。

16

内閣府本府所管の政令

救助 法 施行 令 災害 救助 法 施行 令 災害

の規定により当該市町村民税が課されないこととなる者及び同法第二百九十二条第一項第十二号中「妻と死別し、若しくは妻と離婚した後婚姻をしていない者又は妻の生死の明らかでない者で政令で定めるもの」とあるのを「婚姻によらないで父となつた男子であつて、現に婚姻をしていないもの」と読み替えた場合に同法第二百九十五条第一項の規定により当該市町村民税が課されないこととなる者を含むものとし、当該市町村民税の賦課期日において同法の施行地に住所を有しない者を除く。 食品安全委員会事務局• 国家公務員災害補償法 昭和二十六年法律第百九十一号。 法に定められた救助の費用は、原則として各都道府県が負担(法37条に定めたの積み立て)し、都道府県の財政力に応じて国が負担する。

17

災害救助法施行令

救助 法 施行 令 災害 救助 法 施行 令 災害

又は第四十四条第二項の都道府県の条例で定める指定障害者支援施設等の設備及び運営に関する基準 施設障害福祉サービスの取扱いに関する部分に限る。

13

・障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律施行令(◆平成18年01月25日政令第10号)

救助 法 施行 令 災害 救助 法 施行 令 災害

及び(救護班の出動など)• 具体的には、前項の場合のほか、多数の避難者がいて継続的な救助を必要とする場合。 (災害救助基金の積立て)第二十条 都道府県が法第二十三条の規定により積み立てなければならない金額は、当該都道府県の当該年度における災害救助基金の最少額の五分の一に相当する額とする。

9

内閣府本府所管の政令

救助 法 施行 令 災害 救助 法 施行 令 災害

附 則 (平成六年九月二日政令第二八二号) 抄 (施行期日)第一条 この政令は、平成六年十月一日から施行する。 死体の及び処理• 2 別表第五に定める程度の身体障害が二以上ある場合の身体障害の等級は、最も重い身体障害に応ずる等級による。

8

災害救助法施行令

救助 法 施行 令 災害 救助 法 施行 令 災害

カ 建設型仮設住宅の供与終了に伴う建設型仮設住宅の解体撤去及び土地の原状回復のため支出できる費用は、当該地域における実費とする。 、第五十二条第二項、第五十三条第二項、第五十四条第一項、第五十六条第三項、第五十七条第一項第四号、第五十八条第三項第一号、第五十九条第一項及び第三項、第六十条第二項、第六十八条第二項、第七十三条第三項、第七十五条、第九十四条第一項、第九十五条第一項、第九十八条第二項、第百三条第二項、第百四条、第百六条並びに附則第五条第二項、第九条、第二十九条第一項、第三十七条第一項、第五十五条第一項及び第百二十二条の規定に基づき、この政令を制定する。

災害救助法施行令

救助 法 施行 令 災害 救助 法 施行 令 災害

)第二条 に規定する政令で定める程度の災害は、次の各号のいずれかに該当する災害とする。 四 多数の者が生命又は身体に危害を受け、又は受けるおそれが生じた場合であって、内閣府令で定める基準に該当すること。 附則 (昭和二二年一二月二七日政令第二九〇号) この政令は、公布の日から、これを施行する。

災害救助法とは

救助 法 施行 令 災害 救助 法 施行 令 災害

イ 1戸当たりの規模は、応急救助の趣旨を踏まえ、実施主体が地域の実情、世帯構成等に応じて設定し、その設置のため支出できる費用は、設置に係る原材料費、労務費、付帯設備工事費、輸送費及び建築事務費等の一切の経費として、5,610,000円以内とする。

15