ドセタキセル。 去勢抵抗性(ホルモン抵抗性) 前立腺がんの治療について « がんセンター

ドセタキセル(タキソテール)全26回を振り返る・その1

ドセタキセル ドセタキセル

併用療法を行う場合には、患者の状態を観察し、肺陰影等が認められた場合には、本剤の投与及び放射線照射を中止するなど適切な処置を行うこと。

20

ドセタキセル(タキソテール)の抗がん剤治療

ドセタキセル ドセタキセル

なお、患者の状態により適宜増減すること。 大切なのは楽しく生活を送ること。

13

タキソテール(ドセタキセル)

ドセタキセル ドセタキセル

1、投与夕方から2日間、デキサメタゾン8mgを内服 2、利尿剤の投与(フロセミド、スピロノラクトン) 3、浮腫を減らす漢方 以前に、浮腫で悩まれている方が、利尿剤で落ち着き、治療を継続できた方もいらっしゃいました。

19

ドセタキセル(タキソテール)の抗がん剤治療

ドセタキセル ドセタキセル

とくに、リンパ節に転移していると考えられる乳がんの手術後の再発や転移を防ぐために術後の化学療法に使われています。 たとえば、体表面積あたり60mgであれば、かなり回数を重ねない限り、浮腫には悩まされません。

5

去勢抵抗性(ホルモン抵抗性) 前立腺がんの治療について « がんセンター

ドセタキセル ドセタキセル

微小管の脱重合を阻害するため、微小管脱重合阻害薬と呼ばれます。

11

タキソテール(一般名:ドセタキセル)乳がんや肺がんの二次治療にも効果が証明されたタキサン系抗がん剤

ドセタキセル ドセタキセル

ドセタキセルやジェブタナ初回治療で入院中は合併症(主に骨髄抑制)の確認の為に頻回に採血が必要になりことがあります。 心不全:心不全が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行う。 保管上の注意 遮光。

凍結手袋(frozen glove)の使用によりドセタキセル化学療法による皮膚と爪への損傷を軽減 | 海外がん医療情報リファレンス

ドセタキセル ドセタキセル

また、骨病変の治療としてゾメタやランマークを開始していればこれらの治療も継続します。

18

ドセタキセル (Docetaxel) の効果・副作用・体験談

ドセタキセル ドセタキセル

おそらく、ドセタキセル3回目位から「自覚」されていたと思います。 2011年7月、タキソテール(従来は粘調性のある液状。