モーリス ブランショ。 《Effet Blanchot》―ブランショの死とドゥルーズの生(記:廣瀬純、2003年3月2日)

[B! Wikipedia] モーリス・ブランショ

ブランショ モーリス ブランショ モーリス

とりわけはブランショにとって決定的な出来事となり、彼はのちに繰り返しこの大虐殺について語ることになる。

10

郷原佳以(ごうはら・かい/モーリス・ブランショ研究)

ブランショ モーリス ブランショ モーリス

でも、それは韜晦や衒学ゆえにではない。 それは、「思考すること」が彼らにおいては、フーコーが「外の思考」と呼んだ主体なき思考の経験としてあったからである。 その傍ら小説を書き始め、戦中には思想的立場を転換し、レヴィナス、バタイユらと親交を深めながら、文学のみならず哲学・思想にも関わる評論を書くようになる。

ブランショとは

ブランショ モーリス ブランショ モーリス

日常的な言葉(物事や情報を道具的に交換するための言葉)ではない本質的な言葉として文学的言語を考えたマラルメの視点、また本質的な言葉によって創られた純粋な作品においては語り手・書き手は消滅して「語に主導権を譲る」というマラルメの考えは、ブランショの創作においても文学思想においても決定的な重要性を持っている。 ここでは、ロートレアモン論の特徴を明瞭に証示したピエール・パシェ(パリ第七大学)の発表を報告する。

17

知的成熟への旅程|『終わりなき対話』全訳刊行記念|内田 樹|webちくま

ブランショ モーリス ブランショ モーリス

フランシス・マルマンドは小説『アミナダブ』から音楽をめぐる一節を取り出し詳細に分析した。

19

モーリス・ブランショ

ブランショ モーリス ブランショ モーリス

2018年2月15日更新. 他方、アルジェリア戦争のころから、権力の絶対的拒絶という立場による政治的発言を再開、五月革命では「作家学生行動委員会」に積極的に協力した。 だが、このサイトに接した途端、ブランショという文字列は一つの固有名詞となった。

8

《Effet Blanchot》―ブランショの死とドゥルーズの生(記:廣瀬純、2003年3月2日)

ブランショ モーリス ブランショ モーリス

そのときはここで公開されているブランショ関連の翻訳文に好奇心が湧き上がってくるかもしれない。 名前のわからない1人称の語り手による回想という形式の作品がいくつか続くなかで、作品の突き詰めはいっそう進み、『期待 忘却』では物語そのものが断片化・断章化され、そのなかでの名前の無い男女の対話がおこなわれるという形をとる。 ブランショは、実際、次のようなカフカの一節を引用していた。

10

モーリス・ブランショ

ブランショ モーリス ブランショ モーリス

恐らく、それまでにもその名を目にはしていただろう。

1