B リーグ コロナ。 Bリーグ、今季25クラブが赤字見込み 新型コロナ影響

Bリーグ初コロナ感染 大阪の選手入院、感染ルートは先月24日食事会か― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

西地区が信州、三遠、三河、名古屋D、滋賀、京都、大阪、島根、広島、琉球となることが決まった。 参考までに現在の上位チームは、東地区首位・仙台89ERS(確定)、2位・群馬クレインサンダーズ(確定)、中地区首位・信州ブレイブウォリアーズ(確定)、2位・西宮ストークス、西地区首位・広島ドラゴンフライズ(確定)、2位・香川ファイブアローズ、そしてワイルドカードは1位・茨城ロボッツ、2位・Fイーグルス名古屋という状況だ。 B1のチャンピオンシップを終えるデッドライン もちろん永遠にリーグ戦を延期し続けることはできない。 しかしBリーグは下位に手厚い、総試合数を優先した案を採用した。 LEAGUEの大河チェアマンが記者会見で語った内容のポイントとしては以下の通りです。

Next

Bリーグ、今季25クラブが赤字見込み 新型コロナ影響

その中で(もうこれ以上の)延期はできません。 ただ、ブースター(ファン)としては物足りなさが残ります。 LEAGUEの大河チェアマンが記者会見で語ったこと 今回の決定に至ってのB.。 3選手の今後について、北海道の横田陽CEO(43)は「まずは熱が下がるかどうかの判断になる。 「Bリーグは全60試合を何とか集客をしながらやっていける道を模索し、2月26日に延期を決定しました。 ここがB1のチャンピオンシップを終えるデッドラインだ。

Next

Bリーグ〜コロナ終息後に向けてのテーマとは〜

しっかりと予防もしながら、少し今までやっていなかったようなことをやって、元気づけるようなことをやれれば」と鎌田社長は明るく語る。 「一番大きなところはやはりチケット。 プロ野球やJリーグに比べ、より切実な危機が予想されるBリーグはいかにしてこの難局に立ち向かうのか? (文・写真=大島和人) 次々と発表される試合延期、無観客試合 心の準備は少しずつできていたが、いざその報を目にするとショックは少なからずある。 FIBAの制裁処分以来5年ぶりに迎える危機 ストレートに言えば、現在の状況は日本バスケが国際バスケットボール連盟(FIBA)の制裁処分以来5年ぶりに迎える危機だ。 「来場をご遠慮いただく方」の項目にはファン・サポーターだけでなく、来賓、パートナー・スポンサー企業、マスコット、選手・関係者の家族、仲介人・代理人、マネジメント、サプライヤー、他クラブのスカウティングスタッフなども入っている。 ただしBリーグは秋開幕で今がシーズンの終盤だ。

Next

Jリーグのコロナ対策ガイドラインが完成!! サポーター関連の“必読部分”をまとめました

1クラブ平均にすると1億円以上になります。 本当にコロナが憎い。 せきは残る。 新潟アルビレックスBBの小菅社長は「リーグ戦が行われなくなった場合などは、契約自体を破棄できる特別条項をつけて契約を結んでいる」と語る。 この選択肢があると非常に調整ができるのではないかとも思いました。 「築き上げてきたものが吹き飛ぶくらいの影響が」 Bリーグは感染防止対策を行いながらリーグを続行するのか、無観客試合、延期、あるいは全面的に中止するのか、様々な選択肢で揺れた。

Next

Bリーグのチャンピオンシップの日程(2020年)は新型コロナウイルスの影響でどのように変更されるか?

もし、リーグを再開したとしても、しばらくは無観客試合というのが現実的でしょう。 クォーターファイナルとセミファイナルが2試合のところを1試合での形式にして、クォーターファイナル・セミファイナ・ファイナルを1試合にすることで3日間での実施とすることができます。 27日に集まったのを最後に、自粛している活動は当面休止とし、おおきにアリーナ舞洲も閉鎖する。 だが今回の日程変更案は事前に予想していない内容だった。 商品の落札代金は、新型コロナウイルス感染症対策に関する活動等への寄付に加え、興行延期や中止などの事態に見舞われた自団体の運営にも役立てられる。 今回はその具体的な日時、会場が発表された。 女子バスケのWリーグはレギュラーシーズンを打ち切り、3月24日(火)からのプレーオフ開幕に備える。

Next

Bリーグ、今季25クラブが赤字見込み 新型コロナ影響

また、2020年2月27日から発売予定であったチケットの発売が延期されています。 やらずにはいられなかった、としたらやはり合コンなのかな?と考えてしまいます。 関西スポーツ界で一気に拡大する「コロナ禍」。 日本国内・海外の動向、また国内海外スポーツ界の主要な対応も併記しています。 本当に使えるアリーナがないのか? 大河チェアマンの記者会見の話しではアリーナの確保が困難ということでしたが、利用できるアリーナがないのか?と思ったので探してみましたが一つ利用できるのではないかという「アリーナ」がありました。

Next

Jリーグのコロナ対策ガイドラインが完成!! サポーター関連の“必読部分”をまとめました

来週、実行委員の幹事に集まっていただいてさらに詰めの議論をする予定です」 筆者も他競技の例から3月中旬までの公式戦中断は予想していた。 「Jリーグが一律で旗を振っても、地域に応じて感染状況が違うことも想定される。 なぜこの時期にやったんだ?と思いますよね。 LEAGUE、クラブ、選手が『今できること』として、我々が持つ価値を最大限にファン・ユーザーの方々にお届けすることで、この難局を乗り越えた際、日本中に元気を与えるエンターテイメントの明るい未来が待っていることを信じております。 そう考えてもお祭りの期間短縮は受け入れざるを得ない。

Next