ドコモ 機種 変更 応援 プログラム と は。 ドコモ「機種変更応援プログラム」は損?デメリットと注意点を解説

ドコモの機種変更応援プログラム?に入ってるんですけど、旧機種の回収

対象機種以外に機種変更した場合 6. 「下取り窓口」に到着して、検品が終了した月の翌月10日にdポイントが進呈されます。 加入時や加入後の機種変更時は「 機種変更応援プログラムを利用するのが本当に最適な方法なのか」を見極めることが大切です。 12ヵ月プログラム料金を支払い、13ヵ月目に機種変更したとします。 要は、最新のiPhoneが対象になっているということですね。 ) お申込み方法 全てのドコモショップ、ドコモ取扱い店舗、ドコモオンラインショップでのみお申込み可能です。

Next

ドコモ|機種変更応援プログラムと機種変更応援プログラムプラスの違いは?│スマホのススメ

ドコモオンラインショップの場合は、機種変更後に郵送で旧機種をドコモに送る事になります。 iPhone SE(16GB、32GB)• 下取りプログラム ドコモの機種変更キャンペーン は、利用しているスマホを下取り申込みすると 最大66,900円 税込 のdポイントが進呈されるサービスです。 旧機種の購入代金未払い分残額がある場合には、本プログラムのご利用後も継続してお支払いいただきます。 その他 Q. iPhone XやiPhone XSなどにも使えるの? またiPhone8以降に発売されたiPhoneの場合は、「機種変更応援プログラムプラス」という特別なプログラムが対象となります。 また、還元ポイントについては下記の表を参考にしてください。 月額料金も同じ300円で、iPhone 6s/6s Plusなら購入後13〜18カ月目でも追加料金を支払って前倒しできる点も共通している。 19か月目から25か月目までに特典を利用せずプログラムを継続した場合• しかし、使用から13ヶ月目~18ヶ月目の機種を変更する場合は、前倒し金2,000円がかかってしまいます。

Next

機種変更応援プログラム

「購入手続きに進む」をタップする。 プログラムを利用しなければ支払った分は戻ってくるし、プログラムを利用すればおトクに機種変更が出来ます。 使用期間 カテゴリーB カテゴリーC 19ヶ月目 21,000円 18,000円 20ヶ月目 18,000円 15,500円 21ヶ月目 15,000円 13,000円 22ヶ月目 12,000円 10,500円 23ヶ月目 9,000円 9,000円 24ヶ月目 9,000円 9,000円 25ヶ月目 9,000円 9,000円 Androidが機種変更できるのは19ヶ月目からです。 あまり過ぎているようであれば、そこはコストカットができる部分です。 手続きをすると上記のような画面がでてきます。 <ご利用イメージ> 詳細は以下をご覧ください。

Next

ドコモ|機種変更応援プログラムと機種変更応援プログラムプラスの違いは?│スマホのススメ

Xperia XZ1 Compact SO-02K• 端末購入割引は、対象機種をご購入で、 機種代金を5,500円~22,000円 税込 割引するキャンペーンです。 ここまでをまず、しっかり抑えておく必要があります。 docomoのiPhoneを利用しているのですが、請求の中に不思議なものを見つけました。 機種変更応援プログラムプラスでも、次の基本的な流れは変わりません。 スマホやケータイの製品情報や価格• 3 D mm 画面サイズ 4. 機種変更の時期に応じて、ポイントがもらえる• ドコモオンラインショップはdポイント特約店なので通常の店舗で購入するよりも 2倍多く貯まるのです。 どれがお得、という判断は少し難しいところですが、各社一年で新iPhoneに買い替え安くする仕組みをそれぞれ構築してきた、という印象ですね。

Next

ドコモ「機種変更応援プログラムプラス」はお得なのかデメリットとともに解説

ドコモのオプションは、利用しなかった場合お金だけ支払って損をするイメージがある人もいると思いますが、「機種変更応援プログラム」は損をしない仕組みになっているので、あえて自ら損をするような「途中解約」はしないようにした方がいいですよ。 他社の電話番号や一般電話から…0120-800-000• ソフトバンクの半額サポートは 月月割適用、 月額料金無料、 割賦残額免除という内容なので、よりドコモに近いかもしれません。 スマホって機種によっては10万円を超える高額商品です。 auやソフトバンクの他社へのりかえ(MNP)の場合はポイントが戻ってきません。 あまり知られておらず、経験の浅いドコモショップスタッフにたまたま当たってしまった場合など、この事実を知らないというケースもあるのですが、ずっと以前からドコモにおいて採用されているシステムがあります。

Next

機種変更応援プログラムプラスと下取りの違いは?併用はできるのか?

残金がまだある19〜23カ月目であっても、できるだけ少ない負担で機種変更してもらうのが狙い。 つまり、すでに機種変更応援プログラムに加入している状態で下取りプログラムを利用した場合には、機種変更応援プログラムを利用できないことになります。 機種変更応援プログラムの支払い期間は最長で24か月です。 つまりポイントを上げるので、古い携帯はタダで回収します。 正確には、 「機種変更時に旧機種を 正常な状態で回収させていただくこと」 つまり故障機ではダメなのです。 ドコモの機種変更応援プログラムとは?iPhoneも対象? ドコモの機種変更応援プログラムとは、プログラム料を一定期間支払うことで24ヶ月の分割代金の支払いが完了を待たずに、前倒しで機種変更ができるプログラムです。

Next

下取りプログラム

つまり、機種変更応援プログラムを利用すれば、下取りプログラム分の還元は入りません。 dポイントは機種の購入代金や毎月の利用料金に使用可能 という事で「」とは違い月額料金が無料なので、デメリットがまったくないオプションサービスになっています。 13ヶ月目以降は、機種変更の時期が早ければ早いほど還元金が大きくなります。 iPhone SE(64GB、128GB)• dカード GOLDユーザーにも人気の特典で、毎年利用できるのでぜひ買い替えのタイミングでクーポンを利用してみましょう。 ドコモ取扱い店舗:その場で受け取り• 「」は、ドコモの回線と紐づくdポイントクラブのステージによって 誕生月にdポイントがもらえます。

Next

ドコモ(docomo)の機種変更応援プログラムってぶっちゃけどう?メリット・デメリットや機種変更応援プログラムプラスとの違いを解説

5G WELCOME割 ドコモの機種変更キャンペーン は、5G対応機種を購入すると 機種代金を5,500円~22,000円 税込 割引してくれるキャンペーンです。 これらの割引は、機種購入時点から2年間使い続けることを条件に割引するというものなので、2年経過前の時点で機種変更をしてしまうと、 残りの残債を原価で払い続ける上に、新機種の支払いと2重支払いになってしまいます。 Galaxy Note9 SC-01L• もし前回利用していて現在も割引サポートを受けている場合は、 機種変更するとその時点でサポートが終了するため、割引満了まで利用するのがお得です。 KDDI アップグレードプログラムを後追いしただけなのかな? 2年を向かえないで機種変更したい人が、今までどうしていたか?考えたらわかると思うのです。 このプログラムのポイントは、 旧機種を返却しないといけないということです。 この記事では「機種変更応援プログラム」のデメリットや注意点を中心に詳しく解説していくので、「機種変更応援プログラムどうしようかな」って迷ってしまった人は、ぜひ参考にしてみて下さい。 機種変更から2年以内でも新機種が手に入る 機種変更応援プログラムは、2年以内に機種を買い替えるとお得です。

Next