名古屋 鉄道 路線 図。 中部の運行情報(JR、私鉄、地下鉄、新幹線)

中部の運行情報(JR、私鉄、地下鉄、新幹線)

東山線:中川区高畑〜名東区藤が丘と東西を結ぶ地下鉄1号線。 尚、この線路は3セク のようです。 北隣の清須市名古屋寄りのところで名古屋本線から別れている名鉄のもう一つの利益 頭である 犬山線は西区の庄内川北側の旧・山田町地区を通りますので、ここに市内駅 として 中小田井、 上小田井 の二つの駅があります。 2 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。 もう一つ、愛知県の西隣の三重県に多くの路線を持つ大阪本社の 近鉄が名古屋駅まで 乗り入れています。 「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可] の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。 さて残る一つ、関西本線はまさしく旧・国鉄が当地をいかに冷遇視していたかを如実に 表している路線です。

Next

愛知県鉄道路線図

地下鉄は施工に莫大な費用がかかるため、名古屋市は代替もいくつか用意しました。 そして瀬戸線を除き市内の多くの駅が「普通」しか停車しない・・・。 繰り返しですが 東海道線の複線の線路しかないのですから物理的に考えて もどうしようもありませんよね。 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• これはかつての旧・国鉄の貨物線の西臨港線を転用したもので、名古屋駅から港区の金 城ふ頭までの短い区間のものです。 乗換路線 乗換路線はありません•。 また、かつては何もなかった 所で土地区画整理事業により宅地化・市街化されたところもあります(名東区、天白区、 緑区など)。 新守山駅だけは快速列車が止まりません。

Next

近鉄名古屋線の路線図

乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 恐らく特に「東京圏」から来た人などが感じている「 名古屋は鉄道網が貧弱」という のは実は『 地上鉄道網』のことではないかと思います。 尚、名鉄名古屋駅は地下駅です。 西区・中区・昭和区・天白区を通る路線です。 神宮前駅からは中部国際空港(セントレア)まで乗り入れている 常滑線が分かれていま す。 名鉄と相互乗り入れしている路線であり、上小田井駅で前述の 名鉄犬山線と、赤池駅で名鉄豊田線と接続しています。 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線• 乗換路線 乗換路線はありません• 残る一つは 小牧線でこれは3セクの 上飯田連絡線という地下鉄路線にて名古屋市地 下鉄との相互乗り入れの形で地下鉄名城線の平安通駅まで接続していますが、市内 の名鉄駅は (北区) 上飯田、 味鋺(あじま) の2駅だけです。

Next

名古屋市の鉄道事情

市内を通っている路線で単線というのはこのJR関西本線と存在理由がよくわからない 東海鉄道事業線(市内は西区、北区の庄内川の北側部分を縦断していて駅もあります) の二つだけのはずです。 丸の内駅・御器所(ごきそ)駅で桜通線、伏見駅で東山線、そして、 前述のように八事(やごと)駅で名城線と交差接続しています。 中村区・中区・千種区・名東区を通っています。 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 名鉄の主柱は岐阜県の県庁所在地で最大人口の岐阜市から愛知県人口3位の一宮市、 政令指定都市・名古屋市、5位の岡崎市、そして東の端人口4位の豊橋市を結んで愛知 県を縦断する路線がまさにJR東海道本線とほぼバッティングする 名古屋本線なのです。 乗換路線 乗換路線はありません• 名鉄と名古屋市交通 局との間で色々あったようでわずかの区間なのに計画から完成まであまりにも長くかか り遅すぎた感がしてなりません。

Next

近鉄名古屋線の路線図

ま、それでも、旧・国鉄時代に比べたらずいぶん改善されました。 2 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。 長さでは大阪のJR環状線より長いとか。 勿論複線です。 今では、路線としては以下があります。 2 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。

Next

路線図ドットコム ■名鉄電車路線図

あまりにもふざけていませんか? そして市内の駅は名古屋駅を含めても次のわずか3駅だけなのです。 電化こそしているものの、何と大都市・名古屋に乗り入れている路線かい?と呆れ果て てしまっていますが 名古屋駅付近からもう『 単線』なんです。 地方でない古くからの政令指定都市内を「単線」で通している のです。 結局、名古屋市は昔は沢山巡らされていた「市電」網が市民の「鉄路」としての足となって いたようです。 そして、そのJRは東京23区とか大阪市ではそこの住民にとって「 日常の足」として 大きな存在となっている感がしています。

Next