ブラック マジック atem mini。 ブラックマジックデザイン、収録、配信、モニタリング機能を搭載したライブプロダクションスイッチャー「ATEM Mini Pro」を発表

ブラックマジックデザインがATEMスイッチャーとVideo Assist 12Gをアップデート

極めてエキサイティングで、この新モデルをユーザーの皆様がどのように使用するか楽しみにしています。 ATEM Mini Proではイーサネット経由でライブ配信をサポート• ウェブ会議システムで使えますか? もちろん使えます。 264で収録できます! ATEM Miniはイーサネットを内蔵しているので、ハイエンドのワークフローではハードウェアコントロールパネルを使用でき、スイッチャーに搭載された全機能をフルに活用できます。 ATEM Software Controlには配信のセットアップを表示するパレットがあり、マルチビューにも配信ステータスが表示される。 5インチタッチスクリーンによる正確なフォーカス• また、 Hyperdeck Studio Mini と BMPCC のファームウェアアップデートも発表した。 今までATEM Miniにマルチビュー機能があれば完璧だったのに…と悩んでいた方には嬉しいアップデートだと思います。 これは、一般的に「DVE」と略され、ピクチャー・イン・ピクチャー・エフェクトやDVEトランジションを実行できます。

Next

ブラックマジックデザインがATEMスイッチャーとVideo Assist 12Gをアップデート

Adobe Photoshopプラグインはメディアプレーヤーに直接ダウンロードできるため、スコアボードのような、変更を繰り返すグラフィックに最適だという。 用途としては• USB出力はウェブカムとして認識され、あらゆるビデオソフトウェアを使用可能• 98、1080p24、1080p25、1080p29. しかもそれぞれの系統は、設定により、モノラルの独立した2chにスプリットすることもできるので、ある意味では12系統の入力を持つオーディオミキサーが入っているといえます。 オーディオ機能のAFVとはなんですか? AFVとはAudio Follows Videoの略です。 ATEM Miniは、ビデオ出力からスチルをキャプチャーして、内蔵のメディアプールに追加することもできる。 さらに、マルチビューは、収録、配信、Fairlightオーディオミキサーのステータスも表示する。 これにより、ATEMプロダクションスイッチャーのハードウェア制御およびソフトウェアインターフェイスを更新できる。

Next

ATEM Mini を使ってみよう!(1)ソフトウェアのインストールとソフトウェアコントロールパネル

ATEM Miniは、HDMIを介して最大4台のカメラを制御でき、すべてのカメラをライブスタジオカメラとして使用できる。 カット、トランジション、ピクチャーインピクチャーエフェクトも含まれており、ATEM Studio Controllerソフトウェアを介して利使用できる。 98、1080p24、1080p25、1080p29. リアパネルには、カメラやコンピューター用のHDMIコネクター、予備のマイク入力、ウェブカム出力用のUSB、プログラムビデオ用のHDMIのAUX出力を搭載しています。 264 コーデック、 AAC オーディオ、単一ファイルのレコード時間延長、およびイーサネットを使用したより高速なファイル転送を追加する。 映像の切り替えと同時に、音声も同時に切り替わる機能です。

Next

ブラックマジックデザインがATEMスイッチャーとVideo Assist 12Gをアップデート

必要な作業は、配信サービスを選択して、ストリーミングキーを入力するだけ。 内蔵の「メディアプール」には、タイトル、オープニング、ロゴ用の放送品質RGBAグラフィックを20個までロード可能。 HyperDeck Studio Mini V7. 9には、スタジオカメラ機能が追加された。 Esports ゲームの実況配信• 逆に「ATEM Mini Pro」が必要な方は、編集側にいる人です。 BMPCCをリモートコントロール HyperDeck Studio MiniファームウエアアップデートV7. XMLのここの部分を書き換えてください。

Next

Blackmagic Design ( ブラックマジックデザイン ) >ATEM Mini ライブプロダクションスイッチャー 送料無料

2020年4月に、同社は新しいATEM Mini Pro Switcherを。 以下のWebよりお申し込みください。 つまり、YouTubeやFacebook、Twitchなどに高品質でライブ配信でき、コマ落ちも生じず、設定も非常にシンプルです。 ATEM Software Controlには、配信のセットアップおよびステータスを表示するパレットがあり、マルチビューにも配信ステータスが表示されます。 そんなに難しくありません。 収録設定およびディスクの選択はATEM Software Controlで実行でき、内蔵マルチビューには収録ステータスが表示されます。 。

Next

【品薄】ATEM Mini Pro大人気の理由は!?フジヤエービックはブラックマジックデザイン正規代理店です。

4つのHDMI入力はそれぞれ、専用の標準コンバーターを備えており、1080p、1080i、720pソースをスイッチャーのビデオ規格に自動的に変換する。 フィルムルックで13stopの広いダイナミックレンジ• データレートインジケーターは、ビデオフォーマットに必要なインターネット速度を表示します。 リアパネルには、カメラとコンピュータ用の 四つのHDMI入力、プログラムビデオ用のHDMIの AUX出力、 予備のマイク入力。 そして先ほど説明したように本体側に「ON AIR」ボタンがあるので、配信開始時はATEM Mini Proのボタンを押すだけで簡単です。 ブラックマジックデザインは、の全機能に加え、収録、配信、モニタリング機能を搭載した『ATEM Mini Pro』を発売する。 1点注意点としては、出力フォーマットに、i は有りませんので、インターレースでの出力jはできません。

Next

ATEM Mini|Inter BEEの見どころ|ブラックマジックデザイン社|(2)

価格は300ドル未満で、安価なビジョンスイッチャーだ。 一見するとHDMIセレクター(HDMI切替器)と同じ機材のようですが、ATEM MiniはとにかくHDMI入力ソースの切り替えがスムーズです。 各カメラのビューには、オンエア状態が確認できるタリーインジケーターが表示されます。 これまでのATEMスイッチャーにはすべてマルチビュー機能が搭載されていましたが、ATEM Miniにはそれが搭載されていませんでした。 264、ProRes、またはDNxコーデックで記録する。

Next

ブラックマジック「ATEM Mini」YouTubeライブ配信を初心者でもハイレベルに!価格も手頃なライブプロダクションスイッチャー

コンピューターに接続すると、 通常のウェブカメラのソースとして表示されるため、ほとんどのビデオソフトウェアが、ATEM Mini Proを認識します。 もちろん日本語化されています。 New ATEM Mini Pro versus ATEM Mini. 配信ステータスは簡単に把握できるデザインで、データレートインジケーターはビデオフォーマットに必要なインターネット速度を表示。 4系統までのHDMI入力を接続できるので、ワイドショットと各出演者のクローズアップなど、複数のカメラアングルを設定できます。 音声については、3. Video Assist 3. トランジションの際に、イメージをスクリーン外に動かすDVEなど、楽しいエフェクトも搭載されています! 2つの独立した3. また、ソース間をスムーズに切り替えるミックス、トランジションにカラーを挟むディップなど、エフェクトの種類も選択可能です。

Next