もう いちど 読む 山川 日本 史。 もういちど読む 山川日本近代史

山川出版の日本史がいかに凄いかについて情熱的に説明する

いい国作ろう、鎌倉幕府。 2016年3月1日閲覧。 第2部 中世• 大人になってから読むと山川の教科書は非常に面白い ある程度大人になってから、右翼的な思想とか左翼的な物の見方を持った後に山川の日本史の教科書をみると、自分の思想がどちらに傾いているかが客観的にわかるので非常に面白い。 (「農業全書」を著した宮崎安貞など)(P. 第9章 藩政の安定と町人の活動• 大宝律令• 法典の整備• ヨーロッパ人の来航• なお、本書の出版から約8年後に『新 もういちど読む 山川日本史』が出版されているが、古い方が値段が安いし、内容の良さを考えても、新しいほうを買うメリットはそれほどないかもしれない。 第二次世界大戦の勃発• 第8章 幕藩体制の確立• (図録P. 源平の争乱• 古代(前3000年頃〜/34p)、中世(150年頃〜/64p)、近代(1400年頃〜/86p)、現代(1800年頃〜/76p)というおおよその時代区分(+ページ数)となっており、各部ごとに主要な出来事を地域別(ヨーロッパ、アメリカ、アジア、アフリカ)に取り上げ、当時の流れを追っていきます。

Next

もういちど読む 山川日本近代史

617• こういうことだったのか!」 と何度も口走っている自分がいました。 律令制の変容• 1945年の戦後間もなく、どん底の生活の中で新しい憲法が制定された。 私は受験で世界史をメインに選択しており、その世界史はもちろん日本史を選択した友人たちも学校が指定した山川の教科書を使用していました。 第15章 現代世界と日本• やりなおし高校日本史 ちくま新書 著者 :野澤道生 出版社:筑摩書房 発売日:2018年2月10日 中学の「歴史」や高校の「日本史」というのは、「暗記科目」というイメージがどうしても強い。 市の賑わい• 満州事変• 市民意識の保守化と文化 第5章 現代の世界と日本 1. 朝鮮戦争• 「もういちど読む~」という本は、『世界の歴史』編集員会 というよく分からない著者になっています。

Next

もういちど読む山川日本近代史

生産と階級• 長崎の出島• 教科書ではありませんが、ロゴはまさしく数十年前に使っていた教科書のよう。 どうしてテロが起きるのか? トランプさんが大統領に当選したのはなぜ? というように、常に原因を考えなければなりません。 などしてくださる()。 (1巻あたり1,000円程度で、全10巻。 歴史好きにも、教養として歴史を学びたい人にも、歴史への興味を育てたい人にも、色んな人におすすめしたい良書。 名産の成立• だって炎上、死ぬほど怖いじゃないですか? というわけで、そういう観点を元に山川の日本史の教科書を読み解くと、凄く興味深く物事が読みとけたりしますので、社会人のみなさまにおかれましては、週末に山川の日本史でも一気してみてはいかがでしょうか? いろんな葛藤が行間に見え隠れして、面白いですよ。

Next

(新)もういちど読む山川世界史・日本史が面白い~学び直し用・読み物用に

171) ・都市部で文化が華やかになっても庶民の生活はあまり変わらないというのはありがちだなと思いました。 集団の芸能• 国際貢献と55年体制の崩壊• けど、本当のところ何が優れていたのかについての正解は、誰にもわからない。 著者 :野島博之 出版社:祥伝社 発売日:2018年4月1日 「通史がスッキリわかる」系の日本史本の中でも、非常に面白く読めるのが本書。 通商の取り決め• 荘園領主との争い• 日本国憲法の制定• そんな人類のこれまでを、全体の流れとして読み取れた思います。 (図録P. この本を読む一年前に「もういちど読む山川日本史」を読んでいたせいか、それほど新鮮味なく最初から最後まで読み切ってしまいました。 倒幕運動の高まり• ・征夷大将軍だけじゃなくて征隼人大将軍というのがあることを初めて知りました。

Next

もういちど読む 山川日本近代史

(図録P. 生活と信仰• その 時々に自分は何を考えて、何をしていたのかを考えると... 憲法の調査• 立教大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです). 第10章 幕藩体制の動揺• 日独伊三国同盟• 71) ・男性だけに課される調・庸を逃れるために女性と偽ったり、班田が回収されないように死亡者を届けずに100歳以上になっていたりする偽籍の証拠が残っているのが面白いなと思いました。 応仁の乱• 授業を受けずに、教科書だけ読んでも たいていの人にとっては意味不明になると思います。 安定成長から平成不況へ• web上でPRする 2-3. 第11章 近代国家の成立• 高まる国会開設運動• 班田農民• 141,142)(図録P. きっと、この時代のことは、いままで にいろいろな人の手でしっかりふり返ってこられているからではないでしょうか。 (図録P. (図録P. 日露講和条約• 自由党と立憲改進党• 世界史も、2011年度教科書採択では「世界史A」(30. 重要な条約や協定、法律等の文章が都度載せられていて、どういった内容をもとにどうなっていったのかが掴み易くてよかったです。 京と町衆• 北方の警備• 「ビジネスや社交に必要な教養」をベースとして、豪快に日本史を語る、まさに社会人向けの日本史。 学問と文芸• 歴史をつかむ技法 新潮新書 著者 :山本博文 出版社:新潮社 発売日:2013年10月17 タイトルには「日本史」とないが、日本史を大まかにかい摘みながら、「歴史の考え方」をレクチャーする。

Next

もういちど読む山川日本戦後史の通販/老川 慶喜

物事を語るにあたって、中立を維持しようとするとなると、事実しか語れなくなるのである。 というわけで今回は山川出版の日本史がなんであんなにもわかりにくいのかについてと、わかりやすさの罠についてを書いていこうかと思う。 漢文学の隆盛• 確か、教科書よりも一回り小さい用語集のようなものもセットで使っていたような… 学校が指定していたので特に疑問にも思いませんでしたが、日経の記事によればかなりのシェアを誇っています。 自由民主党の長期政権• 大きな流れの中で果たせる役割は限られていて、 それでもひとり一人にはしっかり役割はあって... 旧石器文化• 186)(図録P. (学問面も精神面も)(P. 今の感覚からすると君主制の面が強く思える内容でも当時はかなり進んだ内容であったというのは、当時の制度に対するバランス感覚が伺えるなと思いました。 藤原氏の台頭• また、各大名の兵力も削られることになりましたが、朝鮮出兵を逃れて関東に移って領地経営に専念できた徳川家康が相対的に勢力を強めることになりました。

Next

もういちど読む山川日本近代史

アメリカ大陸では高度な文明を築いていてもヨーロッパに侵略されるまで鉄が利用されていなかったようですが、この当たりも地政学的に考えたら面白そうです。 目次 第1部 原始・古代(日本のあけぼの 大和王権の成立 古代国家の形成 律令国家の変質) 第2部 中世(武家社会の形成 武家社会の転換 下剋上と戦国大名) 第3部 近世(幕藩体制の確立 幕政の安定と町人の活動 幕藩体制の動揺) 第4部 近代・現代(近代国家の成立 大陸政策の展開と資本主義の発達 第一次世界大戦と日本 軍部の台頭と第二次世界大戦 現代世界と日本) 出版社 商品紹介 高校の日本史教科書を、一般読者のために書き改めた通史。 yamakawapub -• ジャンルでさがす• 144) ・徳川家康は1600年の関ヶ原の戦い、1603年に江戸幕府成立、1615年の大坂夏の陣で豊臣氏を滅ぼす、と快進撃のようですが、実はきわどい面が幾度もあり、徳川家康の寿命(大坂夏の陣で74歳)が天下を左右するという状態だったと司馬遼太郎氏の「城塞」に書かれていました。 山川出版社「」『歴史と教科書の山川出版社』。 私の青春時代の出来事、社会に出てからの出来事... 171) ・林羅山の名前は聞いたことがありましたが、どういう人が良く知りませんでした。

Next

大人や社会人が「日本史」を勉強し直すためのおすすめ本【通史・教養】

政治と社会の変化• 原内閣と普選問題• 「さかのぼる」ことによって、歴史のターニングポイントがしっかり見えてくる。 (図録P. 2018年9月1日閲覧。 文化の大衆化と国際化• 批判的思想• 国学と尊王論• サイト運営のタスクとコスト 4. 延喜の治• 芸術の新傾向• 私擬憲法• 古墳の築造• 冷たい戦争• 現代の課題. ナウマンゾウ等の大型動物を追って日本列島に移住。 鉄に対して技術を追求し続けていた刀鍛冶などの職人がいたからだと思いますが、すごいなと感心しました。 歴史が苦手な人が一から理解する入門書としてはやや微妙だが、高校のときに日本史が好きだった人の振り返りとしては最高の一冊。 179) ・司馬遼太郎氏の「菜の花の沖」で書かれていた松前氏、蝦夷地、工藤平助、赤蝦夷風説考、最上徳内などが出てきてにんまりしました。

Next