大型 犬 種類。 人気の大型犬ベスト10!それぞれの特徴、寿命、飼いやすい犬種はどれ?

大型犬の人気犬種ランキングTOP8!かわいい/優しい/もふもふ

17世紀後半にはルイ14世によって「フランス王室犬」に定められて番犬としての役割もこなしました。 その顔つきからもやや怖いイメージがあるかもしれませんが、賢く従順な一面もあり、警察犬としても活躍するほどです。 トリミングによって様々なスタイルを楽しむことができますし、トリマーの腕次第で気品に満ちた高貴な姿を演出することもできます。 関連記事:. 実際、優秀な番犬となるだけに警戒心が強い犬ですが、飼い主など 心を許した人間には温厚で、自分より弱い相手に対しては落ち着いた対応ができます。 参考: ゴードン・セター(セッター) アイリッシュ・セターやイングリッシュ・セターなど、「セター」と名の付く犬種は様々ありますが、その中でもっとも大きな犬種です。 これはあくまで一例であって、中型犬に分類した犬種が小型犬、あるいは大型犬と分類しているサイトもあります。

Next

人気の大型犬ベスト10!それぞれの特徴、寿命、飼いやすい犬種はどれ?

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ その名のとおり、シェパードのホワイトバージョンといったような犬種です。 一緒に楽しみながらトレーニングをすると、より良い関係を築けるでしょう。 もし自宅でシャンプーをするのが難しい場合は、トリミングサロンでお願いすることになりますが、一般的に大型犬の場合は8,000円程度かかります。 獲物を追いかける時はかなりの俊足です。 プードルといえば、 スタンダード、ミニチュア、ミディアム、トイといったサイズが認定されていますが、スタンダードプードルは彼らの中でも最も大きい犬種でもあります。

Next

大型犬 全犬種 写真

ノルディック狩猟スピッツ犬• 成犬時の標準体重は25~40kgと大きめですが、子犬の頃の面影を残しつつ大きくなるので、いつまでも子犬のように可愛らしい印象を与えるでしょう。 ボルゾイの一般的な価格は15〜30万円と幅があります。 血統書の発行などを行っているJKC(ジャパン ケネル クラブ)の犬種別犬籍登録頭数2018を参考に、現在人気の大型犬10種類をピックアップ。 また、抜け毛の量が非常に多い犬種なので、毎日のブラッシングは必須でしょう。 関連記事: 関連記事: 6位 秋田犬 体重:40~48Kg 原産国 日本 寿命:10~12歳 忠犬ハチ公で有名な犬で、ヘレンケラーが1937年6月に来日して秋田県を訪れた際、当時の文部省が2頭の秋田犬の子犬を贈ったとしても知られています。 犬種の分類(国際畜犬連盟) [ ] およびは、登録犬種を次のようにグループ・セクションで分類している。

Next

大型犬【珍しい種類】図鑑。圧倒的な存在感とキャラクターで選ぶなら?

人とも犬とも社交的で、いつも明るく機嫌のよい性格が人気の理由ですね。 従順で温和な性格、そして我慢強さも兼ね備えた犬種でもあります。 原産地:スイス• 原始的な犬• 関連記事: まとめ 体が大きいだけあって飼育スペースや運動量の確保、子犬の頃からの訓練、食事の管理といった面で小型犬等と比べると、かなりハードルが上りますが、 大型犬にしかない魅力というのも沢山あります。 性格は落ち着きがあり人懐こく、ほとんど吠えることがありません。 そして最も念頭に置かなければならないのは、大型犬は比較的寿命が短いこと。

Next

世界最大の犬種ランキング&世界で一番体高・体重が大きな犬とは《ギネス公認》

仕事も遊びも楽しくこなす、人とも犬とも社交的な性格は家庭犬としても理想的です。 ただし、体力を発散するための十分な運動は必要で、1日1時間くらいの散歩では足りないくらいです。 やや長めの短毛• ドーベルマン 概要 体重:29kg~41kg 体高:63~72cm 原産国:ドイツ 特徴 ドーベルマンはドイツ原産の大型犬です。 毛の量が多く抜けやすいので毎日のブラッシングは必ず行いましょう。 ラフ・コリー 牧羊犬として活躍していたラフ・コリー。 散歩には遊びの要素を取り入れてあげるのが理想的。

Next

大型犬の種類

従順な犬ではありますが、頭が良すぎて少し警戒心の強い性格でもあるので、飼い方を間違えると扱いにくい犬になってしまいます。 ダルメシアンの子犬は12〜20万円で販売されています。 大型犬はたくさん食べるので、毎月のフード代も多くかかります。 体つきは骨太でがっしりタイプ、体毛は短毛で、ブラック、イエロー、チョコレートの3種が公認されています。 3犬種とも、性格自体は温和で知的ですが、ミニチュア・シュナウザーはやや小型犬特有のやんちゃな一面も併せ持ちます。 8位: ボルゾイ 平均体重 34~47kg その優雅な見た目と歩き方からはなかなか想像できませんが、もともとボルゾイは 猟犬としてオオカミ狩りを担っていました。 体が大きい分内臓に負担がかかるなどの理由で、病気になりやすいといったことが原因のようです。

Next