エクセル ドロップ ダウン リスト。 Excel ドロップダウンリストの設定方法 別ブック参照の場合

VBAを利用せずリストを予測候補表示(サジェスト機能)で絞り込む方法!エクセルのドロップダウンリスト(プルダウンメニュー)は便利なようで結構めんどい。。。 365・2019・2016・2013・2010・2007対応

なぜだーーー。 まずは、プルダウンリストの設定を解除したいセルを選択し、データの入力規則フォームを立ち上げます。 「 ホーム」タブの「 条件付き書式」を選択し、「 新しいルール」を選択します。 名前の定義と組み合わせる方法もありますが、このページではテーブル機能のみを利用する方法で説明しています。 では、サポートを受けられます。

Next

【Excel】ドロップダウンリストを設定する(追加・削除)

このケースでは A1:I10 がデータ範囲と指定されます。 この方法を使って、連動するドロップダウンリストを作成したいと思います。 まずは、プルダウンリストの候補値となる内容をシート上に一続きのセルに入力してください。 最後にもう一度「 OK」ボタンを押して設定は完了です。 A1:D1のユニット名の部分を選択し、エクセルエリアの左上にある「名前ボックス」に「ユニット」と入力し、範囲に名前をつけます。 上記の設定をしたセルではリストにない値を入力できなくなりますが、リスト以外の値も入力できるようにする方法については、「」という記事をご参照ください。

Next

Excel見積書|ドロップダウンリストとVLOOKUP関数を連動させる

プルダウンリストの設定方法 では、実際にプルダウンリストを設定する方法を紹介します。 もう一つ、ドロップダウンリスト用に「詳細」のセル範囲だけを選択して、名前を付けておくことにします。 2013-05-10 追記) ドロップダウン表示させるデータ入力時の注意点 [元の値]欄には、リスト表示させたい値を「,」(カンマ)で区切って入力するわけですが、必ず 半角カンマで区切ってください。 元の値リストの途中に空白行がある 空白が入り、必要な候補値が削除される リストを更新する場合は、空白行は行削除するように更新する必要があります。 これで、B列のプルダウンリストには、「ユニット」という名前の範囲にある4種類のユニット名が出てくるようになりました。 並び順を変えたい場合、このリスト内で並び替えればドロップダウンリストがおかしくなることはありません。

Next

【エクセル2013】プルダウンの選択リスト以外を直接入力する方法

元データを作成せずにドロップダウンリストを作成する 基本的には元データを作成した状態でドロップダウンリストを作成することが多いと思いますが、わざわざつくる程ではない場合には、直接元データを入力してドロップダウンリストをつくることもできます。 このように、Excelでドロップダウンリストはかんたんに設定できます。 次に、2つ目の「担当者」リストは、「ユニット」のリストの数だけ「名前」を設定します。 xls]氏名マスタ! ユニット欄のB2で選択したユニットが、そのユニットメンバーリストの「名前」とイコールなので、「元の値」欄に動的になるような記入をすれば、選択肢が動的になるはずですね。 この記事の目次• 条件付き書式を使って、書式を変える さて、このような表がある場合に、 「入金済」の行(=A列~D列)だけ、書式を変えたい、という場合には、 「条件付き書式」の機能を使います。 導入の目的は ・入力の候補を提示したい ・入力の選択肢を制限したい ・統一した書式で入力させたい ・入力ミスをなくしたい ・入力作業を楽にしたい などです。

Next

[EXCEL] 年・月と連動した日付のドロップダウンリスト(動画あり)|EXCEL屋(エクセルや)

ここではsheet1にドロップダウンリストを設定し、「sheet2」のB列に都道府県のリストを作りました。 B2でディレクターを選んだ場合 B2で選んだユニットに連動して、C2ではそれぞれ所属している担当者だけがプルダウンリストで選べるようになりました。 この表のなかで、「ユニット(職種)」と「担当者」の2か所をプルダウンで選びたい! 選んだユニットと連動して、担当者の選択肢が変わるようにしたい!とします。 この記事の内容• 結局、 今回入れた計算式は、次のような意味になるのです。 INDIRECT関数で連動させる さて、ここからがこのページの重要ポイントです。 入力規則に関数を組み合わせることで、より扱いやすいデータを作成することができるようになります。 ドロップダウンリストに項目を追加する ドロップダウンリストを作成したけれど、あとから ドロップダウンリストに項目を追加したい場合もあります。

Next

【EXCEL】プルダウンリストと別セルの関連付けを行う方法

次のいずれかの操作を行います。 対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007 実務で利用するワークシートを作成する場合に、データをドロップダウンリストから入力で... OFFSET関数の第四引数、「高さ」の指定をする時、列全体のデータが入力されているセル数から1を引いた数字を指定する(タイトルも入力されているため)。 リスト項目を作り、名前を定義する リスト項目用にシートを追加し、リスト(1)とリスト(2)に表示させる選択肢を下図のような表にまとめて作成しました。 プルダウンリストの設定の解除方法 プルダウンリストの設定をした後に不要になれば、もちろん設定の解除も可能です。 簡単ですねー。

Next