トヨタ コロナ で インド 工場 停止 現地 政府 方針 ホンダ と スズキ も。 自動車各社、アジア・中南米に操業停止の波=新型コロナが業績直撃も|ARAB NEWS

スバル・トヨタ・ホンダ、北米生産拠点の稼働停止を延長…新型コロナウイルス

トヨタは2019年にインドでセダン「カローラ」、ミニバン「イノーバ」など約11万6千台を生産した。 5%増の165. <インドの自動車シェア]2017~2018年> 1. グジャラート工場はスズキ100%出資の4輪車の生産工場。 スズキは人工呼吸器などの国内生産は「予定していない」としている。 トヨタはカルナタカ州の2工場を止めた。 インド・カルナタカ州にあるトヨタの工場=2011年 トヨタ自動車やホンダ、スズキは23日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、インドの工場を一時停止したと明らかにした。

Next

スズキが国内全工場停止 4月1日から3日間、新型コロナ影響|静岡新聞アットエス

政府が公共交通機関に営業停止を指示し、従業員が出勤できないため。 NEVで大きく出遅れている長安スズキには、強い逆風となった。 ホンダのパキスタンの二輪車工場は24日から休止。 。 ルノー 3. トヨタは20年6月以降、中国市場で富裕層を中心にSUVが好調で、グループの世界販売台数を当初の890万台から910万台に上方修正した。 工員の安全に配慮して、例えば作業ラインの流れる速度を遅くすることで、工員同士が密になる状態を避けられるようにするという。 タタ 6. 二輪車の4工場も31日まで止める。

Next

自動車3社、インドの工場停止 新型コロナ、現地政府方針

関連記事• 今後の成長に向けて、スズキはチャレンジしていく」 さらに、インドでは500万台のうち150万台をEVにすると意欲的だ。 国内自動車メーカーでは、トヨタ自動車やマツダなども国内一部生産拠点の一時停止方針を打ち出している。 スズキブランドの小型車「ワゴンRワイド」などを生産してきたが、消費者の関心が大型車に移ったことから販売が伸び悩んでいた。 ホンダは31日まで止める。 の完成車生産も4月12日まで止まり、トヨタはマレーシア生産を月内いっぱい取りやめる。 トヨタの業績予想には子会社のダイハツ工業と日野自動車を含んでいる。 感染者が1500人を超えたブラジルをはじめ中南米では拡大防止に向け自粛ムードが急速に覆いつつあるという。

Next

トヨタ、コロナでインド工場停止 現地政府方針、ホンダとスズキも

スズキは同日、同国北部ハリヤナ州のグルガオン、マネサール両四輪工場と同州の二輪工場の一時停止を公表した。 一方、グジャラート州の四輪工場は操業を継続しているという。 トヨタの米国部門は、今後も状況を注視し、適切に対応していく、としている。 しかし、米国で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受けて、生産停止を5日間延長し、4月7日の操業再開を目指す。 新会社の資本金は20億円で、出資比率はスズキが50%、東芝が40%、デンソーが10%。

Next

自動車3社、インドの工場停止 新型コロナ、現地政府方針:イザ!

各国政府の外出自粛要請やサプライチェーン(部品供給網)の混乱などに伴い、グローバルに工場休止が長引けば、業績を直撃する恐れがある。 24日以降の対応についてトヨタは検討中としている。 今後10年で、量販セグメントのトップブランドとなることを目標に、製品戦略を見直して高収益化を図る。 不確定要素が多いだけに... ホンダは小型セダン「シティ」などを生産している2工場を停止した。 トヨタはカルナタカ州の2工場を止めた。

Next

自動車各社、アジア・中南米に操業停止の波 新型コロナが業績直撃も:時事ドットコム

エフ・シー・シーは同国内7工場の稼働について「顧客の状況に応じて対応する」としている。 中国は現在のガソリン車の生産台数に対する「新エネルギー車」の生産台数の比率を、2018年に8%、2019年に10%、2020年に12%へと引き上げるNEV(New Electrical Vehicle)規制を実施する。 5万台にとどまった。 また米国では米フォード・モーターも電池工場で生産するほか、も専門メーカーの増産を支援する。 インド市場に未来を賭けた挑戦を宣言した格好だが、スズキが単独でグローバル企業になれるわけではない。 マルチスズキは、工場の操業の一時停止の期間は、インド政府の今後の政策によって変わる、としている。 担当者は「新型コロナの感染拡大に伴う需給バランスを考慮し、6月中旬まで生産再開を見合わせる。

Next

自動車3社、インドの工場停止 新型コロナ、現地政府方針

一定比率でEV(電気自動車)やPHV(プラグインハイブリッド車)などの生産・販売を義務付ける。 24日以降の対応についてトヨタは検討中としている。 日産、三菱自、マツダはこれまでの業績不振に今回のコロナ禍が重なり、赤字幅が拡大する見通しだ。 操業再開は4月7日の予定だが、生産台数は市場動向を見ながら対応する。 トヨタ自動車は、こうした各国の方針に対して1社単独で取り組むのではなく、協力できる仲間を増やしてきた。

Next