長崎 市長 射殺 事件。 〈狙撃兵〉伊藤一長前長崎市長の銃殺事件に国策判決

長崎市長射殺事件とは【城尾哲弥】

02年1月に前掲書を出版した後の石井議員の告発活動は、道路公団の不透明な発注の実態から北方四島支援をめぐる鈴木宗男議員の贈収賄疑惑、航空自衛隊機入札をめぐる検査院報告改ざん疑惑、そして外務省次官経験者の高額退職金公表要求など、注目を集めていた特殊法人の利権の追及にとどまらず、財政の「聖域」である防衛庁会計をめぐる疑惑や、「伏魔殿」と言われた外務省の不正や疑惑にまでメスを入れるものであり、外務次官の高額退職金問題では、外務省が公表に応じざるを得なかったのである。 周到とはいえないが、計画的で強固な殺意があったのは明らかだ。 確かに、田上氏に1票を投じたという、ある長崎市民 25 も、こう話す。 むしろこうした重大なテロ行為に対して、政府と行政官僚たちが自らの責任を明確にした断固たる対応をしていない事にこそ、「テロの抑止」に失敗した核心問題があることを明確にしたいだけである。 少なくとも、思想のないものをいちいち名付ける必要はないので、アメリカのユナボマーなど、思想のある物だけをテロに該当させれば十分でしょう。

Next

長崎市長射殺事件: 事件 まとめ

344 364,181 55. で同3面に、射殺された大学教授の方の紹介記事が載っています。 男が事務所スタッフや通行人らに手や足をつかまれていた。 待ち構えていた記者たちと会見を開く予定だったため、事務所スタッフが記者らに市長が帰ったと告げた直後の午後7時51分45秒ごろ、男に銃撃された。 大きな事件を防止することを、マスコミは考えていない。 タイミングとしては計算し尽くされている。 「まあ、あんまり良い印象は受けませんよね」と口にする長崎市民もいた。 2007年4月18日 水 22:14 UTC 今回の事件は、私がIP時代に分割して作成した、『』にリストアップされているようですがね…(一応、参考までに。

Next

200704長崎市長銃撃事件の真相 地方選狙いの見せしめ殺害&鉄砲玉に命じた巨悪組織

横尾の落選は世襲であるとの批判や、長崎にあまりゆかりのある人物ではなかったことが要因との分析が有力である。 党の中央委員会総会で選出される。 そのための「現在進行」テンプレートでもありますし。 415• 横尾の落選はであるとの批判や、長崎にあまりゆかりのある人物ではなかったことが要因との分析が有力である。 ご冥福を祈りたい。 は、市長が治療を受けまだ存命中であった17日に「万が一のことも考えないといけない」として「投票日3日前を過ぎたら補充がきかず、とだと共産党()の候補者が当選することになる。 4月18日:午前2時28分 懸命な治療も虚しく、胸部大動脈損傷による大量出血のために死亡しました。

Next

長崎市長射殺事件とは【城尾哲弥】

出典を確認するだとかそういう問題ではないとして記述することを考えるべきか、出典を確認しない限りは要出典を張るべきか・・・。 2016年4月27日閲覧。 さて、この事件。 -- 2007年4月20日 金 05:31 UTC …では、に於ける当該部分をコメントアウトしておきましょうか? 軍や警察にも銃の取り扱いに関する規則・規制があるが、一般には民間人の銃に対するものを指すことが多い。 そう、こうした具体的な行動こそが、無残に殺された伊藤市長と石井議員の無念にこたえ、その意志を引き継ぐ第一歩になるのである。

Next

長崎市長射殺事件とは

>Cloudquiet氏--Shooting Star 2007年4月20日 金 06:26 UTC それで、記載するかどうかについてですが、現時点では記載すべきでないが議論が必要という方向のようで、ひとまずコメントアウトさせてからここで議論してみてはどうでしょうか。 . ときあたかも、在日米軍再編や弾道ミサイル防衛 BMD など、巨大な利権をともなった防衛政策の大転換が推進されようとしている中で、保守系の政治家として核廃絶と平和主義を訴えつづける伊藤市長の言動に危機感をいだいた勢力が、御し易いヤクザ者を焚き付け、凶行に走らせた可能性である。 反共主義については、 国際勝共連合=統一教会(文鮮明氏の設立)と共闘する部分もある。 。 またこれは補足ですが、政治テロはもちろん許されざる行為だと私は認識していますが、それこそこの前にくたばったみたいな人間の殺害であれば、その行為は認めないまでもその実行者に対して心情的にはまだ多少の共感を覚えると思います。

Next

長崎市長射殺犯が死去。あれから約13年。長崎市長射殺事件をおさらい。

新しい!! このような形で、新しい市長が決まっていいのだろうかと…」と、故人や遺族への同情で票が流れやすいと言われるの中で自らの主張を貫いた。 <引用開始> 城尾哲彌こと白正哲、なぜ報道しない? 水心会、長崎県長崎市 愛宕4丁目 本部設置,指定暴力団・六代目山口組2次団体。 遊説先から事務所に戻る途中だった。 テレビではいかにも心配そうな顔つきで話すが、その実、視聴率アップに喜んでいるのである。 右翼テロは、ほとんどの場合は散発的であり、国際的な協力はまったく無いか、あってもごく僅かである。 --Shooting Star 2007年4月19日 木 04:18 UTC (コメント)本件とは直接関係のない情報であり、必要であれば当人の項目を製作した上で記述するのが妥当でしょう。

Next