天気 の 子 コレクターズ。 【TOHO animation STORE限定版】天気の子 Blu

『天気の子』BD&DVD特典のペアグラスは、ある角度で見ると……?

さらに、今作の主題歌のうち「祝祭」「グランドエスケープ」にボーカルとして参加した三浦透子との顔合わせやレコーディングの様子、新海監督も同席して行われた劇伴のストリングスのレコーディング風景なども映し出されている。 1chとDTS-HD MasterAudio 2. この映画を堪能するなら絶対に4K版がおすすめです。 有働氏による制作現場潜入カメラや野田洋次郎を加えた鼎談の映像と共にお届け。 監督 : 原作、脚本、監督• そういう状況の中で『世界が救われて良かったね!』という物語は、若い世代にとっては絵空事に過ぎるんじゃないかと思うんです」と新海監督。 0chで収録。 映像特典の合計は11時間。

Next

Blu

有働氏による制作現場潜入カメラや野田洋次郎を加えた鼎談の映像と共にお届け。 』の公開規模を上回る140の国と地域で公開し、8月8日に公開された香港と9月12日に公開された台湾では、初週の興行収入で1位となった。 映画本編には登場しない貴重なシーンのため、映画を観た人にとっては、さまざまな想像を膨らませる1枚となるのではないだろうか。 1chで収録する。 離島から家出し、東京にやってきた帆高。 ぜひ一度は観たいですね。

Next

映画 天気の子 Blu

Amazon.。 <メイキングドキュメンタリー>では、映画『天気の子』が完成するまでの約1年間の製作過程を追う。 「グランドエスケープ feat. DCコミックス Dr. 5 億円を突破した大ヒット作 2019年7月から公開され、観客動員1,000万人を突破。 彼女には、不思議な能力があった。 特典ディスク 収録内容• 【特典ディスク1】202分 ・ビデオコンテ ・「天気の子」メイキングドキュメンタリー ・「グランドエスケープ feat. 0chで収録。

Next

『天気の子』のBlu

有働氏による制作現場潜入カメラや野田洋次郎を加えた鼎談の映像と共にお届け。 興行収入 140. 「グランドエスケープ feat. 新型コロナウイルスも含め、世界が狂ってきている時代に生きている 「そこはけっこう難しい話で、制作時にどう考えたかを答えるととても長い話になってしまいます。 有働氏だからこそ打ち明けた新海監督の本音や音楽と映像が呼応し合う映画制作の裏側などを語った見応えのある映像。 日本のみならず世界140の国と地域で公開された本作は、アニメ界のアカデミー賞とよばれるアニー賞で4部門にノミネート。 しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、 怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。 ありがとうございます。

Next

ゲオオンライン

」を含めこれまでも新海誠監督作品を多く配信してきた U-NEXTでは5月17日の配信開始が確定しています。 観客動員1000万人を超え、興行収入は140,5億円を突破!2019年NO. 声だけで感性を表現する難しさも知りました。 <ストーリー> 「あの光の中に、行ってみたかった」 高1の夏。 UHD BDはコレクターズ・エディションのみに収録される。 映画公開記念特番「天気の子 前線」 映画の公開に合わせ放送された特別番組! 2019年NO. あらゆる角度から本作の魅力をひも解く内容となっている。

Next

『天気の子』醍醐虎汰朗&森七菜、声優アワード新人賞に感謝のコメント

有働氏による制作現場潜入カメラや野田洋次郎を加えた鼎談の映像と共にお届け。 有働氏による制作現場潜入カメラや野田洋次郎を加えた鼎談の映像と共にお届け。 やがて二人は壮大な運命の渦に巻き込まれることに… 映画「天気の子」レンタル・動画配信日 本作のDVD・ブルーレイのレンタルは、販売と同じく2020年5月27日に開始されます。 興行収入は140. 新海作品に以前から参加したかったと話す作画監督の田村篤は、個性的な脇のキャラクターの誕生秘話などを明かし、美術監督の滝口比呂志は、美術背景を描くにあたり「キャラクターの性格や生い立ちを大切に、いつも以上に細部にまでこだわった」と語っている。 特に天気の子では雨の日のシーン、晴れの日のシーン共に実写を見ているんじゃないか、と思うくらい綺麗です。

Next

【TOHO animation STORE限定版】天気の子 Blu

声の出演 : 、 その他• 詳細は各販売店サイトよりご確認ください。 」「天気の子」に続く次回作について、ちらちらと情報が出てきております。 さらに海外では、『君の名は。 これは、僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についての物語 新作『天気の子』は、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」する物語。 下描きの絵で構成されているとはいえ、監督の細部にまで及ぶこだわりは衝撃的で、なおかつ監督自らが演技してセリフを吹き込んだ様子があまりにも自然でこのまま公開してもよいのでは…と思ってしまうほど。 離島から家出し、東京にやってきた帆高。

Next