Wowow 如意 伝。 にょいでん(如懿伝)のあらすじやキャストは?最終回ネタバレも!

中国宮廷ドラマ「如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」第79

第80話 「舟上の誘惑」• 如懿は自分の累が及ばぬよう海蘭を遠ざけたのだ。 その後、海蘭が安華殿で雨宿りをしていると、慧貴妃と侍女の話し声が聞こえてくる。 驚いた皇后は烏拉那拉氏一族全体に塁が及んでしまうと止め、陛下を怒らせぬよう酌量を求めてはならないと伝える。 その3カ月後、重病だった第3皇子も亡くなってしまう。 青桜に引き上げられる形で皇帝に即位したものの、ストーリーが進みにつれて、自己中心的な面を露呈する事に。 第64話 「虚しい最後」• 弘暦の母で熹 キ 貴妃・鈕祜禄 ニオフル 氏は権勢を誇る富察 フチャ 家の娘を嫡福晋にと推す。 「瓔珞」の最終回終了後はランキングのトップを独走し、累計視聴再生数は165億回を超える大ヒット! さらに、2018国劇盛典で4部門受賞の他、国内の各ドラマ賞で6部門に輝き、作品評価を決定的なものとし、アメリカのHuluでも配信がスタートするなど、世界的規模のムーブメントが拡大中!• 確かに以前なら構わなかったが、皇帝はこれからは気にかけなければならないと言った。

Next

中国宮廷ドラマ「如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」第61

第60話 「誤算」• 第20話 「冷宮送り」• 弘暦はギリギリまで青桜を待っていたが結局、吉時となっても現れず、仕方なく母の希望通り琅嬅 ロウカ に如意を渡すことにした。 Contents• 第23話 「出会いと別れ」• 翌日、如懿は乾隆帝と嘉貴妃に呼ばれる。 「そなたとは死しても見えぬっ!」 こうして皇后は景仁宮での生涯禁足の刑を言い渡された。 一方、衛エン婉は舒嬪に処方されている子宝の薬を侍女にこっそり調べさせる。 ところが、第8皇子の乗った馬が急に暴れ出し、第8皇子は地面に投げ出され、脚を骨折してしまう。 如懿の毒を吸い出して、何とか事なきを得る。 真っ先に上がったのが、「王妃は間違い」「皇帝の妃なら皇妃だろ」というもの。

Next

周跨ぎでとうとう最終回「如懿伝(如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~)」

これ以降のあらすじは、 DVDの発売・レンタルも出ておらず、公開されていませんでした。 しかし、 乾隆帝は如懿の生母が一介の女官との秘密を隠しておきたいため、如懿に激しい怒りをぶつけて席を立つ。 WOWOWには、「WOWOWプライム」「WOWOWライブ」「WOWOWシネマ」の3つのチャンネルがあります。 しかし、乾隆帝は 『子供がおらず一族の後ろ盾もない如懿こそがふさわしい』と反論し、こうして 如懿は皇貴妃へと昇格する。 現在『如懿伝』の公式YouTubeにて、ジョウ・シュン、ウォレス・フォ、チャン・チュンニン、ジン・チャオの日本のファンへのメッセージ映像が公開中されている。

Next

同じ時代背景のドラマ「如懿伝」VS「延禧攻略」 軍配はどちらに?

同じころ、密かにた如懿を見守っていた乾隆帝にも如懿の危険な状況が耳に入る。 第4皇子の 弘暦(ウォレス・フォ)は、自らの妻を選ぶ「福晋選び」で、正室である嫡福晋に幼なじみの 青桜(ジョウ・シュン)を選ぼうとしていました。 第10話 冷遇 「如懿伝 」を一気に10話ぐらい見ると自分の中国語の発音がとても綺麗になった錯覚に陥る。 寝耳に水だった熹貴妃は弘暦を寝宮に呼んだ。 そんな中、寒部より友好の証しとして公主である寒香見が贈られてくる。 しかも、 儀貴人の子供は毒に侵されていたのだ。 琅嬅は『死産ではなく、すぐに葬った』と。

Next

中国宮廷ドラマ「如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」第61

日本の女優で例えるならばさんでしょうか。 程なくして舒妃が男の子を産む。 如懿をはじめとする、清の皇帝である乾隆帝の皇后・嬪妃らが朝服を着てそれぞれ、貫禄あるオーラを放ちながら写っている。 如意が病で亡くなってしまう、なんとも余韻を残すバッドエンド…。 如懿は受け取ったノウゼンカズラの枝を植える。 母と叔母がうるさいので参加したものの、第3皇子を慕っていないという。 台湾出身の張鈞甯もよく頑張りました。

Next

にょいでん(如懿伝)の史実や時代背景は!?主題歌も調査!

如懿と海蘭はこれを機に絆を深めて、海蘭は『生まれてくる子供を如懿に育ててほしい』と言う。 それを聞きつけて如懿は慌てて咸福に駆け付けるが、侍女の偽証で 窮地に追いやられる状況の海常在だった。 そこで、自分が産んだ第2皇子に将来を託すべく厳しく指導をする。 セリフに頼るんじゃなくて、間の取り方とか声の高低さとか表現方法はいろいろあるだろうに。 第8皇子の実兄である第4皇子は、乾隆帝に遠ざけられたことを気に病み、もはや頼りにならなかった。 そんなある日、如懿は賄賂を払った者だけを優遇していた内務府の太監に抗議する女官を見掛け、その勇気を称えて翊坤宮に連れて帰る。 さらに皇后のめいに当たる青桜との婚姻を考え直すよう弘暦に脅迫する。

Next