日本 高速 道路 保有 債務 返済 機構。 日本高速道路保有・債務返済機構とは

日本高速道路保有・債務返済機構とは

機構は、四公団が所有・管理していた道路および付帯施設(、等)を保有し、同時に設立された各道路会社(「上」の部分 - 、、、、、。 まずは高速道路の建設や運営の仕組みを押さえておこう。 機構は、業務を行おうとするときは、あらかじめ、会社と協定を締結することとされています。 将来は株式の上場を目指すなど、民営化会社の自主性を促す理念を掲げていたが、いまだに国の強い支配下にあるのが実情だ。 )その他国土交通大臣が定める財産とする。 のにおけるの下部に該当する。 一 施設及び設備に関する計画 二 人事に関する計画 三 法第二十一条第三項に規定する積立金の使途 四 その他当該中期目標を達成するために必要な事項 (年度計画の記載事項等)第七条 機構に係る通則法第三十一条第一項に規定する年度計画には、中期計画に定めた事項に関し、当該事業年度において実施すべき事項を記載しなければならない。

Next

日本高速道路保有・債務返済機構とは

機構の解散 [編集 ] 法律上機構は(47年)までに解散し、旧日本道路公団等からの承継債務等を返還することとしている。 2 監事は、その職務を適切に遂行するため、次に掲げる者との意思疎通を図り、情報の収集及び監査の環境の整備に努めなければならない。 また、特殊車両の通行などは、機構が最終的な許可権者となる。 ちなみに、平成30年度の期末(平成31年3月31日)には、債務残高は、29兆2,116億円となりました。 (通則法第八条第三項の主務省令で定める重要な財産)第一条 独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構(以下「機構」という。 本記事は、2020年6月15日時点調査または公開された情報です。 高速道路の保有ならびに建設などに伴うを返済するための、所管の。

Next

順調な債務返済の陰に国の施策

)の規定の失効前にした行為、この法律の施行後附則第39条第2項の規定によりなおその効力を有するものとされる旧公社法第70条 (第2号に係る部分に限る。 3 日本高速道路保有・債務返済機構債券申込証は、機構が作成し、これに次の事項を記載しなければならない。 承継債務の返済 機構は各公団の債務を引き継ぎ、その返済にあたる。 保有および債務返済のための資金は、道路会社に道路資産を賃貸する収益によってまかなわれる。 (監査報告の作成)第二条 機構に係る通則法第十九条第四項の規定により主務省令で定める事項については、この条の定めるところによる。 略称は 高速道路機構。 独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構法にもとづき、(17年)設立。

Next

順調な債務返済の陰に国の施策

以下同じ。 何度催促しても、全ての会社から判で押したように、こんな回答が戻ってきた。 2 機構は、通則法第三十一条第一項後段の規定により年度計画の変更をしたときは、変更した事項及びその理由を記載した届出書を国土交通大臣に提出しなければならない。 国の影響力がいかに強いかを物語る。 (NEXCO西日本)• 道路公団の民営化によって、 1 約40兆円以上の有利子債務を確実に返済し、 2 真に必要な道路を、会社の自主性を尊重しつつ、早期に、できるだけ少ない国民負担で建設する、 3 民間ノウハウ発揮により、多様で弾力的な料金設定や多様なサービスを提供することを目ざしている。 取材できたのは、申し込みから1カ月が過ぎた頃だった。 各会社の事業範囲は当該項目を参照。

Next

日本高速道路保有・債務返済機構

協定の締結・変更に際して、機構は、債務返済の法定期限までを見通して、新たに引き受ける債務限度額、会社が徴収する料金の額や徴収期間、会社が道路を適切に維持管理するための費用、会社が支払う貸付料等を適切に定めることによって、必要な高速道路の整備、適正な管理及び法定期限内での確実な債務返済が可能であることを確認・検証しています。 )の規定の失効前にした行為、この法律の施行後附則第13条第1項の規定によりなおその効力を有するものとされる旧郵便振替法第70条 (第2号及び第3号に係る部分に限る。 一方で、道路資産や債務は、独立行政法人の日本高速道路保有・債務返済機構が持つ。 5キロメートルの増があり、平成30年度末の時点では保有する高速道路の供用区間の延長が10,288キロメートルとなり、新設区間の40キロメートルを合わせて、路線の延長が10,329キロメートルとなりました。 ただし、機構の成立後最初の中期計画に係る当該事項については、第一号、第二号及び第四号に掲げるものとする。 第117条 この法律の施行前にした行為、この附則の規定によりなお従前の例によることとされる場合におけるこの法律の施行後にした行為、この法律の施行後附則第9条第1項の規定によりなおその効力を有するものとされる旧郵便為替法第38条の8 (第2号及び第3号に係る部分に限る。 )第八条第三項の主務省令で定める重要な財産は、その保有する財産であって、その通則法第四十六条の二第一項若しくは第二項又は第四十六条の三第一項の認可に係る申請の日(各項ただし書の場合にあっては、当該財産の処分に関する計画を定めた通則法第三十条第一項の中期計画の認可に係る申請の日)における帳簿価額(現金及び預金にあっては、申請の日におけるその額)が五十万円以上のもの(その性質上通則法第四十六条の二又は第四十六条の三の規定により処分することが不適当なものを除く。

Next

日本高速道路保有・債務返済機構

なお、設立時においては政府の試算によれば、返済期間は(32年)までの45年と想定されていたが、2014年に高速道路の老朽化等の修繕等のため、返済期間が最長60年に見直された。 )を日本高速道路保有・債務返済機構債券申込証に記載しなければならない。 (業務方法書の記載事項)第四条 機構に係る通則法第二十八条第二項の主務省令で定める事項は、次のとおりとする。 )は、無記名式で利札付きのものとする。 (NEXCO中日本)• その後返済が順調に進み、時点では 残高は 27兆8,4億円まで下がっている。 監事 : 海上有紀 業務 機構の主な業務の範囲は以下のとおり。 )の規定に基づき国土交通大臣に提出する書類とする。

Next