地域 科学 研究 所。 株式会社地域科学研究所の採用・求人情報

システムエンジニア|地域科学研究所

このお休みを利用していろいろな地域に旅行に出かけたりする人が多かったです。 また、復帰後は時間短縮勤務制度や子どもの看護休暇など、無理なく「子育て」と「仕事」を両立できる制度を整え、「子育て」中の社員が働きやすいようサポートしています。 私は、そんな自治体の皆さまがたくさんの「やるべきこと」をお手伝いし、解決する仕事をしています。 AIは人々の生活を豊かで便利なものにするために、様々なサポートを行ってくれます。 これは大きな資産であり、施設ごとの更新・改修・運用などを計画的に行う必要があります。 01 「大分市シェイクアウト2019」に参加しました。 01 2019年度入社式を実施 地域科学研究所が施設利活用を実施している、大分県由布市にある旧朴木小学校にて、2019年度入社式を行いました。

Next

まちづくりディレクター|地域科学研究所

その一つが豊かで活力のある地域社会づくりに貢献することです。 計画策定の過程では、自治体様との対話を大切にし、様々な地域社会の需要や変わりゆく制度・方針に則したサポートを実施。 募集要項 募集職種 AI人工知能エンジニア システムエンジニア データサイエンティスト システムデザイナー システムサポート まちづくりディレクター 総務 事務 勤務地 京都市、福岡市、大分市、熊本市、鹿児島市、高松市、那覇市 応募資格 2021年3月新規学校卒業見込みの方 基本給 短大卒 205,000円 大学卒 225,000円 修士 245,000円 博士 279,000円 その他手当 住宅手当(当社規定により支給) 通勤手当(当社規定により支給) 時間外手当(月平均 7時間) 技術者手当(システム開発技術者に支給) 奨学金返済サポート手当 資格手当(当社規定により支給) 賞与昇給 賞与 年2回 昇給 年1回 福利厚生 雇用、労災、健康、厚生、社員旅行 休日休暇 完全週休2日制(土、日、祝)、年末年始、夏季Eco休暇、ボランティア休暇、 永年勤務特別休暇、その他(年間約120日) インターンシップ募集 募集要項 (システムエンジニアコース) 地域科学研究所では、インターンシップを募集しています。 Future Planning 全社員が国内外の様々な研修に参加し、新しい技術や考え方を日々の業務に活かしています。 調査研究成果 地域イノベーション政策に関わる事業の達成効果・事例研究 地域イノベーション政策に関わる文部科学省の知的クラスター創成事業・都市エリア産学官連携促進事業等や経済産業省、農林水産省等の事業及び地域独自の取組の達成効果について調査研究するとともに、特徴的な地域における事例研究を実施しました。 地方自治体・大学などの連携をして人と人との繋がりが大切な仕事となります。

Next

株式会社地域科学研究所の取り組み :経営 平井慎一 [マイベストプロ大分]

これからもこの理念を元に社員、お客さん、取引先、関わる全ての人を幸せにしていく企業となっていく事でしょう。 システムエンジニアはパッケージソフトウェアではなくお客さんに応じたソフトウェア開発が主になりますので様々な知識を学ぶことが多いです。 地域科学研究所は1979年に九州補償センターとして設立されました。 ぜひご覧ください。 「総合計画」をはじめ、「個別施設計画」、「公共施設等総合計画」など、各種計画策定について、各地方自治体が持っている強みを十分に活かし、中長期的なビジョンを描きます。 2019. 地域科学研究所はオフの日も大事にしており、様々な休暇を用意しているのが特徴です。 どのようなシステムにするか、お客様からいただいたご要望をもとに仕様を決定し、ページレイアウトなど細部まで作成。

Next

株式会社地域科学研究所の新卒採用・企業情報|リクナビ2021

産学官連携と大学等発ベンチャー 産学官連携については、これまで大学等の内部の体制整備を含めて多くの関連施策が国により講じられており、それらの施策などを活用しながら大学等においてイノベーション創出に向けた取組が進められています。 そこで大学等発ベンチャーの重要性を踏まえ、それらの現状と今後の推進方策に関する課題を明らかにすることを目的とした調査研究を実施しています。 地域科学研究所は社員の幸せを第1に考えています。 自分が幸せだと感じるからこそ人を幸せにします。 私たち地域科学研究所は、地方の企業は技術が遅れているというイメージをくつがえしたいと考えています。 拠点(働く場所)は、地方です。 GISや先端技術、アプリ開発などを通じ、本日迎えた新たな仲間と一緒に、今後も観光や農業分野の新たな可能性に挑戦していきたいと思います。

Next

北方地域社会研究所|北海道科学大学

2019. 調査研究成果 科学技術の状況に係る総合的意識調査(NISTEP定点調査) NISTEP定点調査は、研究費の使いやすさ、基礎研究の多様性など通常の研究開発統計からは把握しにくい、日本の科学技術とイノベーションの状況について、産学官の研究者や有識者への意識調査から明らかにすることを目的にした調査です。 いま地方は人口の減少、耕作地放棄、商店街の衰退、財政の逼迫(ひっぱく)などさまざまな課題を抱えています。 今後の運営や経営改善案について、市職員の方々へ向けてプレゼンテーションを実施しました。 例としましてはタブレット型端末を用いた持ち運びができる現地調査システムや地図上で自治体業務を管理できるものなど、いくつもプロジェクトに関わって様々なシステムを作ってきています。 ぜひこの機会にインターンシップにご参加ください。 地域科学研究所は、行政と住民が一緒に地域を創り上げていく「共創」の姿勢を重んじています。

Next

地域科学研究所の館

施設ではツアーなども開催されており、全ての部屋を説明してもらいながら見て回ることができます。 税務固定資産評価AIは、地理情報システム(GIS)活用により効果的な課税事務をサポートするシステムです。 日々の生活の中で課題を発見し、実践できたと自信にもつながり、やりがいを感じました。 みなさんお信じた道を思い切って突き進んでください。 戦国時代を彷彿とさせるような火縄銃の轟音が楽しめる「種子島鉄砲まつり」。

Next