テニス トップ スピン。 【テニスのスピンサーブについて】基本的な打ち方としっかり跳ねさせるコツ

硬式テニス コンチネンタルグリップでのスピンサーブ等の高い打点での

トスを頭側に上げようとすると、コントロールが難しくなり、上げたい位置はわかっているのにできない人もいます。 面の使い方を変えるともっとスピンがかかる 以上でした。 Q3.商品開発にあたって苦労した点はどんなところですか? A3. 着弾までの軌道よりもバウンド後のボールをより意識しましょう。 細いゲージもありますが、スピンをかけるプレーヤーであればこれくらいがちょうど良いでしょう。 「スピンサーブが打ちたいのに打てない」と悩んでいる方は、是非今回ご紹介したポイントを実践してみてください。 初心者向けだと軽量なテニスラケットを使っている可能性があり、それだと打ち負けることが多くなってしまう事や、ボールが飛び過ぎるようになってしまうことが多いです。

Next

現代テニスのストロークは「トップスピン」が必須!【動画有】

そうすれば、現在自分が打っているのがスピンが多めのドライブなのか、それても強烈なトップスピンであるのか判断できるでしょう。 初心者や女性シニアの方や素早いラリーに対応したい人向けになっています。 これよりも本数が少なくて目が粗いものは回転がかかりやすくなるメリットがありますが、ストリングスが切れやすくなるので要注意。 オールラウンドに使いたいプレーヤーにおすすめです。 この原因はトスの位置にあることがほとんどです。 サイドスピンのメリット 1.相手から離れる方向へ軌道を変化させれば、 相手の動く距離をより長くすることができます。

Next

トップスライス/ナチュラルスピンサーブ

すごくよくスピンがかかるいいストリングなんですが、唯一と言っていい弱点は、 少し打感が硬めということ。 ポイントとしては以下の3つが挙がります。 トップスピンを覚えてからというもの、 深いボールが打ちやすくなりました。 剛性が向上させることで、クリアな打球感を生み出します。 大きく身体を後ろに反らすのではなく、体幹を捻り、その捻り戻しでラケットを降り出していきましょう。

Next

テニスラケットの科学(16) 新しいガットと使用済みガットのフォアハンド・トップ・スピン性能比較実験結果

テイクバックでは意識してラケットを後ろに引く必要はありません。 また常識を打ち破った、重量配分をヘッドとグリップ位置に持ってきた「極バランス」ラケットの元となるモデルを発表しています。 テニスラケットのフェースの大きさを選ぶ 続いてはラケットのフェースの大きさ(面積)になります。 スライス系からスピン気味に ・・・ 左肩を下げる スライスサーブが得意な人(持ち球がスライスの人)の場合も、完全なスピンサーブに切り換えることは簡単ではない。 となると、 やってほしいのは一つ。 トップスピンのように直接的に軌道を下方向に曲げる効果はないですが、(フラットの場合と比較し)スピードが遅くなったり、横方向に曲がる分、滞空時間が長くなり、重力による影響を受ける時間が長くなるため、間接的に軌道を下方向に曲げる効果があります。

Next

テニスのスピンサーブの打ち方とコツを暴露!女子でも簡単に打てます!

このような高い打点のフォアハンドの打ち方については、別の記事で紹介します。 また、ねじれを防ぐU字型断面「X Morph Frame」により、振り抜きやすさと弾きの良さを実現。 初心者の女性やシニアの方におすすめの重さになっています。 振り抜き自体は遅くなりますが、この遠心力を利用することで スピン量を増やすことができるのです。 何度も練習をして、高い打点で相手のバックハンド側に差し込んでいくような攻撃的なスピンサーブを習得していきましょう 関連 関連. 身体が正面を向いていては、スピンをかけるのがかなり難しいです。 そして、スピン気味のサーブを打つためにもっとも簡単なのは、イラスト右のように、肩の傾きを変えるということだ。 トップスピン系のストロークの場合、特に大事にしないといけないのは、弾道の頂点がどこに来るのか事前にちゃんと決められるかどうかで大きく違ってくる。

Next

サイドスピン(横回転)の特徴 メリット・デメリット

やまなりだとスピードがあるサーブは打てません。 このラケットは共に軽量で特に「115ESP」は255gの軽さです。 軌道を考える• その矯正方法は、フォームがある程度固まって、トスの位置も安定してくれば比較的簡単です。 そして右足でしっかり地面を踏みしめ、蹴るところからボールに力を伝えるための運動連鎖が始まります。 このラケットにはSPENEFECTと呼ばれる技術が搭載されています。 長時間の練習や試合でも負担が少ないモデルなので、シニアの方のパワー不足や体力不足を補いつつ、体に負担をかけにくい商品です。

Next

サイドスピン(横回転)の特徴 メリット・デメリット

メーカーの特徴次第で自分に合うか合わないかも変わってきます。 現在の硬式テニスラケットのグリップのサイズは0~5まであり、0はジュニア用、日本の成人用市販品で多いのは1・2・3です。 」「この感覚が無かった!」 スピンプロで一番多いのが「勝手にスピンがかかっちゃう。 本当に、サーブがコートの中に押し込まれるといった軌道の スピンサーブを打ちます。 テニススクールでは、上級者クラスがありますので、そのレッスンをコートサイドから見学すればすぐに確認できます。 ラケットのテクノロジーとしてはインパクトの衝撃を電気信号に変換して振動を減退するコンピューターチップのインテリジェンス、高反発メタルであるリキッドメタルや強い衝撃に硬く、ソフトタッチでは柔らかく保つD30などの技術があります。 つまり、 「ボールを当てつつ、どれだけこするか」 が重要になります。

Next