ハイキュー bl アーカイブ。 ハイキュー!!【399話】最新話ネタバレ確定&感想|圧巻の技術力と執念!

【ハイキュー!!】398話(29号)ネタバレと感想

18対18でジャッカルが3回目のTOを取り、TOが明けると影山3回目のサーブです。 日向はそれに喜びの叫びをあげます。 その勢いはネット越しでも日向に伝わってきました。 しかしボールはアドラーズのコートにあがり、日向自身は体勢を崩してしまうのでした。 ジャッカルの動きをしっかりと読んでいた影山に見事騙されてしまったジャッカルの選手たち。 しかし日向はその瞬間もそれからの瞬間も全ての経験をバレーボールの0歩目の助走にしたのです。

Next

ハイキュー!!【399話】最新話ネタバレ確定&感想|圧巻の技術力と執念!

そして それからの全ての時間が今の日向を作っているのだと感じるのでした。 影山のサーブとなり影山は祖父の言葉を思い出しました。 観客たちはどちらが得点を決めても盛り上がるようになり始めています。 ずっとバレーボールを続けたい影山は笑顔です。 そして日向の 今のレシーブは倒れないレシーブであると口にするのです。 左手1本でボールに触れる影山を見て、ジャッカルの選手たちは全員ツーアタックを確信して前へと走りました。

Next

【ハイキュー!!】398話(29号)ネタバレと感想

強くなればどんどんバレーができるのです。 ごちゃごちゃと考えてしまう頭の中。 関連記事: ジャンプ系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ マガジン系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ サンデー系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ チャンピオン系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 講談社男性マンガ系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 講談社女性マンガ系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 集英社女性マンガ系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ スクエニ系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ KADOKAWA系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・. 春高を退場してしまったのは辛い思い出です。 その後日向のサービスエースが決まったと思いきや、牛島のサーブも決まり得点は15対13になりました。 どうにかボールを上げたもののアドラーズのチャンスボールになり、日向も体勢を崩しています。 強烈なスパイクをレシーブした日向の背中には自信が溢れているように感じます。

Next

元ネタ一覧

田中は心の中で日向が正面にいたのは偶然ではないと思います。 その感覚を思い出した日向は 体勢を大きく崩さずに勢いを殺してボールをあげることが出来ました。 その時、ネットの下をくぐり影山がジャッカルコート側のライン外へと走ります。 影山からは確かにツーアタックが放たれましたが、ただ落とすのではなくロングプッシュで奥の方へと飛ばされます。 ハイキュー!! 勢い止まらぬまま試合は進み18対15。 】398話の感想・考察 力まずに 今回398話は、前回397話で放たれた牛島のスパイクを日向がレシーブしようとする場面から始まりました。 日向はすぐに立ち上がろうとします。

Next

ハイキュー!!【399話】最新話ネタバレ確定&感想|圧巻の技術力と執念!

宮と日向は悔しさと怒りが入り交じった声をあげます。 【ハイキュー!! 】398話のあらすじ (注:ネタバレあり・画バレなし) 強烈な一撃 強力な牛島のスパイクを顔を歪めながらもあげる日向。 カテゴリー• あの時からの成長 日向のレシーブを見て観客が正面でラッキーだったと口にします。 【ハイキュー!! 牛島は高校時代から因縁がある日向を叩き潰したいと思っていたのです。 影山強烈サーブ1回目は日向を弾き飛ばして18対17。

Next

元ネタ一覧

アンテナの外側からネット越しにトスをあげてしまいました。 平和島が拾うもボールはそのままジャッカルコートに向かい飛んで行きアウトになりそうです。 この流れで第4セットをとることが出来るのでしょうか。 イレギュラートスを打つのは星海です。 烏養は日向の意識、技術、そしてバランスが成長しているのを感じます。

Next

元ネタ一覧

高校時代に西谷がすごいレシーブは必ずしも目立つわけではないと言っていたのも頭を過るのでした。 このレシーブを受けようと考える日向ですが、ここまで顔を歪ませていることが多く、力みすぎているように思えます。 膝をつかないレシーブ 影山が誰にボールを上げるのかという場面で牛島はもう一本とオーラで要求します。 18対16。 0歩目の助走 星海のスパイクをブロックし、牛島のスパイクをレシーブした日向。 日向は 影山の意思を感じ取ったのか、ゾクゾクとしながらサーブに反応します。 平和島と星海の間に間に飛んできたボールは1歩手前に出た平和島があげました。

Next

ハイキュー!!【399話】最新話ネタバレ確定&感想|圧巻の技術力と執念!

牛島のボールを受けるために日向は色んな考えを頭にめぐらせます。 そんな日向の余計な力を抜き、瞬時に的確な判断をさせたのはビーチバレーの経験なのでしょう。 高校時代からの因縁の相手に高校時代より成長した今の実力を見せつけています。 ずっとしていたい試合は、強くなればし続けることができる。 ふいに波の音が聞こえ、ビーチバレーをしているような光景がよぎります。 もくじ• そして連続してスパイクを放つのは牛島です。

Next