チャイコフスキー 弦楽 セレナーデ。 ピョートル・チャイコフスキー

チャイコフスキー 弦楽セレナード(セレナーデ)「頭のなかの♪おたまじゃくし」〜クラシック音楽を聴いてみよう〜

第3楽章はあまり粘らず、さらっと流した序奏部が好印象。 デュナーミク、アゴーギクの演出も入念で、ある種の熱気を孕んでいて感動的。 ハイ、今日は、週末なので〜 さらりと聴いてみました。 むしろ爽やかな清潔感すらあり、フォルムを崩すような陶酔に陥らないのも好印象。 ロマン的な情感を表出させつつ、バロックや古典的形式への接近も見られる、モーツァルトへのオマージュとして作曲されたチャイコフスキーの弦楽セレナードはチャイコフスキーの代表作の一つとして広く親しまれています。

Next

~ロシア音楽紀行~ チャイコフスキー「弦楽のためのセレナーデ」ハ長調op.48: ハルくんの音楽日記

なお直接的な死因は、死の前夜10時ごろに併発したであることが分かっている。 ピリオド楽器演奏隆盛の現在、ピアニストが素朴にピアノでバッハを弾くことさえ憚られるような雰囲気があります。 切なく美しい序奏に続きどこかノスタルジーを感じさせるような旋律が心に残る楽章です。 それから9日後の11月6日(ユリウス暦10月25日)に急死。 チャイコフスキーは,ワルツの名作を沢山書いていますが,その中でも特に有名な曲の1つです。 曲の構成 [ ] の指揮による演奏。 第1楽章に関しては 「モーツァルトへのオマージュで、彼の様式の模倣を意図しています。

Next

チャイコフスキーのおすすめ名曲10選を彼の生涯や逸話とあわせてご紹介。 | VOKKA [ヴォッカ]

この上なく美しく、一般的なイメージ通りの演奏で、ベルリン・フィルの研ぎ澄まされた弦の高音域が切れそうに美しい。 1868年《交響曲第1番》を発表し,続いて幻想序曲《ロメオとジュリエット》(1869年),1875年『ピアノ協奏曲第1番』、バレエ音楽《白鳥の湖》(1876年),《交響曲第4番》(1877年),プーシキン原作のオペラ《エフゲーニー・オネーギン》(1878年)などを発表。 この録音がひどく悪いということはありませんが,響きが細いのが良い演奏だけに もったいないと思います。 最後は、1楽章の冒頭に戻り、再現されて、最後を閉める。 音楽的にも同質なところが多い2人なので、気が合えば仲を妨げるものはなかったのではないかと思うが、何せチャイコフスキーは同性愛者なので、下衆な私としては、あまりに篤い友情はつい変なことを考えてしまうのだ。 リズミカルな旋律は、力を入れて最後の音を、くいっとのばしているところも印象的。

Next

チャイコフスキーのおすすめ名曲10選を彼の生涯や逸話とあわせてご紹介。 | VOKKA [ヴォッカ]

少しボリュームをあげて聴いて。 もっと録音が良ければ感動するんだろうか。 誰の演奏とは言わないが、濃厚で、うぷぷっ〜というなりそうな、むせかえるような濃密なラブシーンのような演奏もあるのだが、C・デイヴィス盤は大人の雰囲気が漂っている。 主部も流れの良いテンポで音楽を弛緩させず、カラヤンらしい見事なカンタービレでリスナーを魅了します。 素朴だけれど心のこもった手仕事に、はっとして胸を打たれる感覚と言えばいいでしょうか。 尚、ドヴォルザークは再録音でした。 以後死までの間、フロロフスコエやクリンといった近郊の街へと転居を繰り返したものの、この一帯に住みつづけた。

Next

【014曲:クラシック音楽名曲100曲】チャイコフスキー作曲:弦楽セレナード~解説と動画&名盤紹介|名古屋クラシック音楽堂~Youtube名曲人気動画まとめ

関連項目 [ ]• まっ ホント、耳が慣れれば、弦のボーイングそのものが見えてくるようで面白いし、スピーディなので現代風。 お目当てはシベリウスなのですが…。 Moderato. 3楽章の演奏は、エレジーというよりは、少し若さを感じるけれど、それでも響きは良いし、歌心もあるし。 なんだか通俗曲に貶められてしまったようで・・・。 このメロディは「青いリンゴの木の下で」という民謡が使われています。 チャイコフスキーの兄弟姉妹は後年にいたるまで仲がよく、チャイコフスキーを支え続けた。 紹介盤については、別に出来るだけ試聴サイトをお付けします。

Next

曲目解説:チャイコフスキー/弦楽セレナード

第4楽章「ロシアの主題のフィナーレ」 ロシア民謡から主題が取られています。 この主題は駆けめぐるような動きにまとまっていき,大きなクライマックスを作ります。 Andante maestoso - Allegro vivace Alla breve - Molto vivace - Moderato assai e molto maestoso - Presto. コーダで序奏主題が再現される。 残響を楽しみながらの合奏だが、一糸乱れないといえるアンサンブルもすごいと思う。 第3楽章はテンポが遅すぎて旋律が引き延ばされる演奏が多い中、ドラティは推進力のあるテンポで、美しいメロディ・ラインを明快に抽出しているのがさすが。

Next

チャイコフスキー:弦楽セレナード、ドヴォルザーク:弦楽セレナード ヘルベルト・フォン・カラヤン&ベルリン・フィル : Tchaikovsky / Dvorak

第2楽章は、ドヴォルザーク特有の物悲しく哀愁を感じさせる舞曲。 新年の気分がすっかり抜けたとはいうものの、余り暗くなるのもいやですので、美しく楽しいチャイコフスキーの「弦楽セレナーデ」を聴きましょう。 第2楽章も全く気負いがなく、典雅なパフォーマンス。 厚みのある弦で構成された音の大きな幅が、そのなかで、プチプチ、パチパチ、ポンポンっと、音を立てて、リズミカルに、弾けていく。 これで、録音状態が良かったら〜と思うが、こればっかりは致し方ないかもしれない。

Next

チャイコフスキーのおすすめ名曲10選を彼の生涯や逸話とあわせてご紹介。 | VOKKA [ヴォッカ]

Tempo di valse [3:37] 3 第3楽章: Elegia. 「大混乱」(1867年)• まっ これだけ取り出して聴いたら、さほどでもないのだろうが・・・。 好きな曲ほど要求水準が高くなって,100%満足な演奏がなかなか 見つかりません。 ジンマンさんは、スピードのある楽曲で、キビキビと動く、運動能力を求められる楽曲の方が良いかも。 第4楽章 ファイナル 第3楽章から続いた和音によって開始され、穏やかだが、感動的で何かが起こりそうな序奏となっています。 にはと結婚したものの、この結婚は失敗し、チャイコフスキーはで自殺を図るほど精神的に追い詰められた。

Next