丹波 亀山 城跡。 亀岡城(丹波亀山城)の歴代城主

城跡探訪・丹波亀山城(亀岡城)

翌15年に徳川幕府は、山陰の要としてこの城を重視し、天下普請による大修築を行った。 1663年、地震により石垣が破損する。 上の方は積み直し この上にある天守台跡が月宮宝座と呼ばれる至聖所です。 また、石垣は東本願寺再建に利用され、保津川により運び出されたという。 喫煙される際は、所定の喫煙場所(大本みろく会館1階南側)をご利用ください。

Next

丹波亀山城

同時期に、名古屋城でも天下普請が行われていましたので、これを務めた大名以外が丹波亀山城の天下普請を担当したようです。 そして城跡は・・・・聖地に。 今年は、慶長15年(1610)の天下普請から400年目にあたります。 石は角の算木積、一番上の天端に使われていたものなどを使っている。 豊臣秀俊が米二石を寄進した五ケ寺一つ大圓寺(西町) 豊臣秀勝(小吉)の次に丹波亀山城主となったのが、豊臣秀俊(後の小早川秀秋)です。 城跡は現在、宗教法人・大本本部の所有地になっており、聖地「天恩郷」と呼ばれている。 最上層を除いて各屋根に入母屋破風、千鳥破風もなく、簡素な外観を特徴としていた。

Next

城跡探訪・丹波亀山城(亀岡城)

光秀後の城主はめまぐるしく交代する。 だけど、地元の人は決して城を忘れたわけではないのです。 かっては城の内堀の一部であったと思われる池を見ながら、万祥殿に向かい「御払い」を受けた後、いよいよ城跡の見学です。 石垣と内濠の一部が現存しています。 別名、亀岡城とも呼ばれているこの城は、現在の京都府亀岡市にあり、JR亀岡駅から徒歩数分の所に城跡が残っています。 快く、しかも、無料で一般開放している大本への感謝を念頭におき節度もって見学しましょう。 歴 史 移築門 千代川小学校 ) 天正5年、明智光秀が丹波攻略の拠点として、それまでの内藤氏の砦規模の支城を大修築した。

Next

城跡探訪・丹波亀山城(亀岡城)

0595-96-1218 天正18年(1590)、岡本宗憲によって築かれた城。 各層を上層ほど逓減して塔状に積み重ねていた。 (2014年末から未更新の場合あり)丹波亀山城跡は天守台・石垣・堀・土塁などが大本の買収後に改変されて施設が整備されたが、1935年(昭和10年)の第二次大本事件の際に政府がほとんどを破却し、太平洋戦争後に大本が石垣などを修復したと言われています。 光秀のもう一つの城!亀山城 明智光秀の建てたもう一つの重要な城が、亀山城です。 なお大本は本部が京都府綾部市の梅松苑(祭祀の場)と京都府亀岡市の天恩郷(宣教の場)に分かれています。 1919年、宗教法人・大本教組の出口王仁三郎により本丸、二の丸付近の13500坪が買い取られる。 本丸・二の丸は、教団の保護・管理が行き届いているため、旧状を良く残 している。

Next

大本と丹波亀山城址(明智光秀公築城)・城址見学の皆さまへ

電話番号・・・0771-22-556 【丹波亀山城跡・大本 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】 丹波亀山城跡は見学する為には入口受付で許可を取る必要があります。 JR亀岡駅からバスでアクセスできるおすすめスポットをご紹介しますので、ぜひ足を運んでみましょう。 そして、政権交代の波は丹波亀山城にも及びます。 古写真に残る層塔式天守はこの ころのものでしょうか。 現在丹波亀山城は石垣とお堀を遺すだけとなっています。 現在は万祥池と呼ばれています。 【城名】 亀山城(亀岡城) 【亀山城(亀岡城)の説明】 亀山城は京都府亀岡市荒塚町周辺にあった平山城である。

Next

丹波亀山城

寄贈したのは森川喜兵衛による。 高さ135cm、頭部側面58cm、幅26cm、胴体幅45cm。 石垣は明治以降に荒廃した城跡を大本教の手で積み直しされたそうです。 これからも城跡を大事にしてね。 これが南朝側の人物なら、戦前に誇大な顕彰をされていたでしょうが、 足利尊氏なんで、最近になってようやくこの程度。 光秀の家臣で猛将として知られていた 明智秀満(左馬助)は秀吉勢に囲まれる中、自ら城に火を放ち坂本城は落城してしまったのです。

Next