が ん 疼痛 の 薬物 療法 に関する ガイドライン。 (旧版)がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン 2014年版

がん診療ガイドライン│がん疼痛薬物療法│麻薬に関する法的・制度的知識

薬物 ガイドライン ん が に関する 疼痛 療法 の 薬物 ガイドライン ん が に関する 疼痛 療法 の

Intravenous morphine for breakthrough(episodic-) pain in an acute palliative care unit:a confirmatory study. 2 mg を超えないこと。 Riley ら による前後比較研究では,モルヒネで鎮痛効果が得られないか,副作用がコントロールできない患者で,神経障害性疼痛が明らかな患者を除いた48例を対象として,モルヒネからオキシコドンに変更し,無効な場合はフェンタニルかメサドンに変更,さらに無効な場合はフェンタニルかメサドンのうち前回使用しなかったほうに変更を行ったところ,オキシコドンへの変更で79%の患者が,他のオピオイドへの変更3 回以内で87%の患者において鎮痛効果が得られた。 Olanzapine versus aprepitant for the prevention of chemotherapy- induced nausea and vomiting: a randomized phase III trial. 【文 献】 臨床疑問21 1) Farrar JT, Cleary J, Rauck R, et al. ビンクリスチン• Olanzapine versus aprepitant for the prevention of chemotherapy-induced nausea and vomiting: a randomized phase III trial. 3 と,より鎮痛効果がみられた。

3

がん診療ガイドライン│疼痛管理│治療ガイドライン

薬物 ガイドライン ん が に関する 疼痛 療法 の 薬物 ガイドライン ん が に関する 疼痛 療法 の

シスプラチンは催吐作用が強い薬剤であるため,分割投与の場合でも間欠投与法の場合と同様の制吐療法が必要であると推測される。

1

慢性痛 —現状とその治療—│標準医療情報センター

薬物 ガイドライン ん が に関する 疼痛 療法 の 薬物 ガイドライン ん が に関する 疼痛 療法 の

denileukin diftitox• したがって,本ガイドラインでは,非オピオイド鎮痛薬で十分な鎮痛効果が得られない,または,中等度以上のがん疼痛のある患者に対して,オピオイドを使用することを推奨する。

2

慢性痛 —現状とその治療—│標準医療情報センター

薬物 ガイドライン ん が に関する 疼痛 療法 の 薬物 ガイドライン ん が に関する 疼痛 療法 の

Cochrane Database Syst Rev 2007(4):CD003868 22) Klepstad P, Kaasa S, Borchgrevink PC. ** 以上より,オピオイドで適切な鎮痛効果が得られない患者において,がん疼痛全体としては鎮痛効果を向上するという根拠は乏しいが,脊髄圧迫症候群など神経への圧迫による痛み,炎症による痛み,頭蓋内圧亢進に伴う頭痛,臓器の被膜伸展痛,骨転移に伴う痛みなどの病態においてはオピオイドとコルチコステロイドの併用は,オピオイド単独に比較して痛みを緩和する可能性があると考えられる。 Lauretti ら による無作為化比較試験では,がん患者22 例を対象にモルヒネ徐放性製剤のみとモルヒネ徐放性製剤とオキシコドン徐放性製剤の併用とを比較したところ,併用群ではレスキュー薬のモルヒネの使用回数が少なく,悪心・嘔吐も有意に少なかった(p<0. Kornick ら による前後比較研究では,フェンタニル貼付剤でNRS が8 以上の痛みのある患者9 例を対象として等鎮痛用量の持続静注に変更したところ,5 日以内に全例でNRS が4 以下になり,重篤な副作用は生じなかった。

4

がん診療ガイドライン│制吐療法│診療ガイドライン

薬物 ガイドライン ん が に関する 疼痛 療法 の 薬物 ガイドライン ん が に関する 疼痛 療法 の

しかし,投与後の反応には個体差があり,副作用として出現する苦痛に対してはさらに個別の対応になるため,各種支持療法は熟知しておく必要がある。 Current chemotherapy and immunotherapy. ** 以上より,非オピオイド鎮痛薬を投与されている患者にオピオイドを開始する場合に,非オピオイド鎮痛薬を中止した場合と中止せずに併用した場合のどちらが鎮痛効果がよいかは不明である。

1

ガイドライン|日本緩和医療学会

薬物 ガイドライン ん が に関する 疼痛 療法 の 薬物 ガイドライン ん が に関する 疼痛 療法 の

05)。 ここでは対照群のオンダンセトロン(1~3 日目),デキサメタゾン(1日目のみ)の2 剤併用群に比べて,主要評価項目である完全嘔吐制御割合が3剤併用群で有意に高かった(77. したがって,本ガイドラインでは,鎮痛薬が投与されていない軽度の痛みのあるがん患者に対して,アセトアミノフェンを使用することを推奨する (用量についてはの項参照)。 パノビノスタット• イノツズマブ オゾガマイシン• ** 以上より,コデイン,モルヒネ,オキシコドン,フェンタニルのなかで,あるオピオイドが他のオピオイドに比較してより痛みを緩和する根拠はなく,いずれも鎮痛効果について同等であると考えられる。

9

がん診療ガイドライン│疼痛管理│治療ガイドライン

薬物 ガイドライン ん が に関する 疼痛 療法 の 薬物 ガイドライン ん が に関する 疼痛 療法 の

これらの経口抗がん薬は単回での催吐性リスクは少ないが,連日内服による消化器症状がある。 ** 以上より,十分な知見はないが,あるオピオイドの経口投与または貼付剤で適切な鎮痛効果が得られない患者において,オピオイドを持続静注・持続皮下注に変更することは,痛みを緩和する可能性があると考えられる。 医師または歯科医師が同一都道府県内の2 カ所以上の診療施設で麻薬を施用する場合には,主に診療に従事する施設について麻薬施用者免許を取得し,その他の診療施設については従として診療に従事する診療施設として届ける必要がある。