ア 行 下 二 段 活用。 下二段活用

下二段活用

二 段 ア 活用 下 行 二 段 ア 活用 下 行

5つ(5種類)覚えるだけでいいので、意外とラクチンだったりします。 《練習問題》 次の各文の中から、上二段活用の動詞を抜き出し、その活用形を答えよう。

13

五段活用

二 段 ア 活用 下 行 二 段 ア 活用 下 行

そして、これはイ段、ウ段の2段に渡って活用するので、「上二段活用」と言います。

17

紛らわしいア行,ヤ行,ワ行動詞をすっきり整理しよう!

二 段 ア 活用 下 行 二 段 ア 活用 下 行

『と』は忘れやすいので注意。

15

【古典】古文 四段活用動詞の一覧 覚えよう!(カ行・サ行・タ行・ハ行・バ行・マ行・ラ行)

二 段 ア 活用 下 行 二 段 ア 活用 下 行

《解答&解説》. 例えば『高速道路で走る車』の、『走る』は『車』を説明しています。

6

動詞(4)下二段活用

二 段 ア 活用 下 行 二 段 ア 活用 下 行

《練習問題》 次の文中から、下二段活用の動詞を抜き出し、活用形を答えよう。 古典の動詞を覚えるための準備 動詞の活用表を覚える前に、まず覚えなければならないことがあります。 以上のように、「よむ」が「よま」と形が変わることを活用と言うのです。

19

動詞(4)下二段活用

二 段 ア 活用 下 行 二 段 ア 活用 下 行

動作・作用・状態の自然展開的 無作為的成立。 <例> 話さない 起きない 教えない この3つの動詞は、後に『~ない』が来ているので3つとも未然形です。 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 カ行変格活用 『来る』のみ こ き くる くる くれ こい サ行変格活用 『(~)する』のみ さ し せ し する する すれ しろ せよ なお、カ行変格活用とサ行変格活用については、活用そのもの(どう活用するか)を覚える必要があります。

7

【古典】古文 四段活用動詞の一覧 覚えよう!(カ行・サ行・タ行・ハ行・バ行・マ行・ラ行)

二 段 ア 活用 下 行 二 段 ア 活用 下 行

これは、五段活用する動詞は連用形なら『イ段の音』になる、という意味を表しています。

14

古典文法 動詞の活用の種類・見分け方のまとめと問題

二 段 ア 活用 下 行 二 段 ア 活用 下 行

四段活用に似た上二段活用動詞 上二段活用の動詞のうち、「 恋ふ」「滅ぶ」「恨む」は四段活用と間違えやすいので、覚えてしまいましょう。 このうち、未然形や連用形の「い」、命令形の「いよ」がア行と区別がつきにくいため、ヤ行上二段活用の動詞は覚えてしまいましょう。

19