特定 悪臭 物質。 悪臭物質濃度による規制について/千葉県

悪臭に係る規制地域及び規制基準

物質 特定 悪臭 物質 特定 悪臭

4 ガスクロマトグラフ分析装置 第5図に掲げる構成のものであって、次の条件を具備しているもの• 注6 使用の都度窒素でよく洗浄し、被検成分の位置にピークを生じないことを確認すること。 コックAを閉じ、試料採取袋を接続したコック 以下「コックB」という。

10

悪臭規制ってなに?臭気指数と悪臭物質濃度の違いはなんですか?

物質 特定 悪臭 物質 特定 悪臭

ア 第2図に掲げる形状のものであって、樹脂製で、かつ、内径10mm程度、長さ45mm程度のものであり、両端が密栓できる構造であること。

2

特定悪臭物質規制と臭気指数規制、それぞれのメリット・デメリット...

物質 特定 悪臭 物質 特定 悪臭

ア ほう硅〈けい〉酸ガラス製で内径が4mm程度のものであること。 ふっ素樹脂製コック及び吸引コックが開いていることを確認した後、吸引コックに接続した吸引ポンプを作動させ、吸引ケースを減圧することによって5l程度の試料ガスを試料採取袋に採取する。 体調や状況:いわゆる「気になる」「気にならない」で、時刻や頻度、感じているの大きさなど、身体的・心理的状態により感覚が左右される• 3 この測定方法における用語その他の事項でこの測定方法に定めのないものについては、日本工業規格に定めるところによる。

1

特定悪臭物質リスト

物質 特定 悪臭 物質 特定 悪臭

4 分離定量が可能な場合には、カラムにキャピラリーカラムを用いてもよい。

悪臭防止法とは

物質 特定 悪臭 物質 特定 悪臭

主な発生源 [ ] 焼肉店の排気ダクトの例。

10

悪臭

物質 特定 悪臭 物質 特定 悪臭

2 校正用ガス 第1の1に定めるものと同様とする。 イ アの操作により定量上限を超える場合には、試料ガスの一部をガスシリンジによって正確に分取し、これを第1の1に定める校正用ガス瓶を用いて希釈し、アと同様にガスクロマトグラフ分析を行うものとする。 ヒトの• イ カラムは、溶解石英ガラス製のキャピラリーカラムで、内径0. 001 (2)排出口での規制基準(悪臭防止法第4条第1項第2号) 町村の区域について以下の基準が適用されます。

15