おもちゃ の シンフォニー。 おもちゃの交響曲(シンフォニー) モーツァルト父

おもちゃの交響曲

の シンフォニー おもちゃ の シンフォニー おもちゃ

楽員たちはびっくりしたが、いざ演奏してみるとたいへん楽しい音楽だったので二度びっくりした、という)微笑ましいエピソードを思うとき、せめて作曲者名が確認されるまで、ハイドンの名前をそのままそっと残しておきたい」として作曲者は「ハイドン」とし、 付きで「レオポルト・モーツァルト? ll:47, C major(Toy Symphony, Sinfonia Berchtoldensis) 出版社:, , , [ ] パルセッリ写譜本に基づく新編集のエトムント・アンゲラー作曲の『おもちゃの交響曲』、あるいはアンゲラーの音楽劇、オラトリオなどの楽譜が閲覧可能。 また、ハイドンの他の作品と比較して本作はあまりにも単純であり田園的であるため、早くから偽作説が有力であった。

おもちゃの交響曲

の シンフォニー おもちゃ の シンフォニー おもちゃ

モーツァルト版と大きく異なっているという問題がある。 モーツァルト版カッサシオンの特徴としてはト長調であることと、ホルン2本が加わっていることであるが、おもちゃの交響曲のオリジナルはト長調であった可能性は低いのではないか? 例でも示してあるがト長調へ移調したために音域上の問題で生じたと思われる第二バイオリンの音型に不自然な箇所がある。 いずれにせよ、この作品の簡潔な楽曲構造や伸びやかな楽想は、18世紀後半に全盛を極めたディベルティメントの精神に基づくものである。

17

おもちゃの交響曲

の シンフォニー おもちゃ の シンフォニー おもちゃ

参考資料• 大人になって、音楽を始めようとする人は、もしかしたら、ずっと楽器にふれていなかった人が多いかも知れません。 以下に、私と『おもちゃの交響曲』との出会いに加えて、詳細な解説をします。

17

ドレミファ器楽 「おもちゃ」シンフォニー

の シンフォニー おもちゃ の シンフォニー おもちゃ

当時は無名の作曲家の作品を、有名な作曲家の作品として発表することは、決してめずらしくないことであった。 Vn1の旋律がない。 モーツァルトの父として、音楽史に燦然と輝くレオポルトであったが、作曲家としては、ほとんどその作品を後世に残していない。

おもちゃの交響曲とは

の シンフォニー おもちゃ の シンフォニー おもちゃ

また装飾音で表記してある部分も通常の音符に置き換えて記譜してある部分もあります。 それはチロル地方シュタムス修道院(Stift Stams)の音楽蔵書の中から、1785年ごろ、当院の神父シュテファン・パルセッリ(Stefan Paluselli, 1748年-1805年)が写譜した『おもちゃの交響曲』の楽譜が発見されたのだ。 『おもちゃの交響曲』の楽曲解説としては、必要かつ十分なものです。

18

ドレミファ器楽 「おもちゃ」シンフォニー

の シンフォニー おもちゃ の シンフォニー おもちゃ

これはスコアのin G指定をわざと無視して記譜どおりg、eの音程をうわずりながら演奏しているのかもしれない。 さらに半世紀後の1992年、オーストリア・チロル地方の修道院でエトムント・アンゲラーによる『おもちゃの交響曲』の楽譜が発見され、今日では彼が同曲の真の作曲者であるとみなされている。

10

おもちゃの交響曲とは

の シンフォニー おもちゃ の シンフォニー おもちゃ

570499• マリナーの編曲?• テンポ指示 1回目:Allegro moderato, 2回目:Allegro vivace, 3回目:Prest 前半部 1-19小節 を2回繰り返す。 長い間ヨーゼフ・ハイドンの手になるものと信じられてきたが、最近の研究によって、レオポルト・モーツァルトの『カッサツィオ』Cassatio(野外演奏用音楽の一形式)と題された7楽章からなる音楽から、三つの楽章を抜粋、編曲して現在の形になったことが判明した。 こうした経緯により一時は本作がレオポルト・モーツァルトの作品であるという説が定着していた。

「おもちゃシンフォニー」参加者募集中!

の シンフォニー おもちゃ の シンフォニー おもちゃ

時には子供がオーケストラの中で実際におもちゃを演奏するということも行われる。 、モーツァルトの父であるの作曲とされる(全7曲)が、によりから発見され、その一部が『おもちゃの交響曲』と同一であることが判明した。 そこで2008年8月にオーストリアのチロル地方を訪れ、真の作曲家と思われるエドムント・アンゲラーの足跡を辿る一方、ベルヒテスガーデンでは本場の木製玩具を探し、さらに夏の音楽祭で賑わうザルツブルクを訪れ、国際モーツァルテウム財団の研究者などとも意見を交換して、さらなる検証と考証を重ねました。

20