源氏 物語 光る 君 誕生 品詞 分解。 『源氏物語』「光源氏の誕生」

源氏物語『桐壺』(1)問題の解答

分解 誕生 源氏 品詞 君 光る 物語 分解 誕生 源氏 品詞 君 光る 物語

動作の主体(寵愛を受けて栄えている人)である桐壷の更衣を敬っている。

源氏物語の「光る君」のあらすじを分かりやすく教えてください”(ノ><...

分解 誕生 源氏 品詞 君 光る 物語 分解 誕生 源氏 品詞 君 光る 物語

かいがない、無益だ、どうしようもない。

3

源氏物語『桐壺』解説・品詞分解(1)

分解 誕生 源氏 品詞 君 光る 物語 分解 誕生 源氏 品詞 君 光る 物語

誰の口語訳ですか? 全体を読んだということですか?全体のあらすじが知りたいということですか? Wikipedia 源氏物語 概要をみてください イラスト訳 源氏物語 高校生向き 古典総合研究所 あらすじなど分かりやすい 源氏物語の世界 資料・研究レベルです。

17

源氏物語『桐壺』(1)問題

分解 誕生 源氏 品詞 君 光る 物語 分解 誕生 源氏 品詞 君 光る 物語

」と、やうやう、 天 あめ の下にも、あぢきなう人のもて悩みぐさになりて、 楊 やう 貴 き 妃 ひ のためしも引き出でつべくなりゆくに、いとはしたなきこと多かれど、かたじけなき御心ばへのたぐひなきを頼みにて交じらひ給ふ。 何事かあらむとも思ほしたらず、さぶらふ人々の泣き惑ひ、上も御涙のひまなく流れおはしますを、あやしと見奉りたまへるを、よろしきことにだに、かかる別れの悲しからぬはなきわざなるを、ましてあはれに言ふかひなし。 何かにつけて数え切れないほど辛いことばかりが増えていったので、たいそうひどく思い悩んでいるのを、帝はますますお気の毒におぼし召されて、後凉殿に以前から住んでおられた別の更衣のお部屋を他にお移しになって、桐壺更衣に上局としてお与えになった。

3

源氏物語『桐壺』(1)問題

分解 誕生 源氏 品詞 君 光る 物語 分解 誕生 源氏 品詞 君 光る 物語

(帝は) 前の世にも御契りや深かりけむ、世になく清らなる玉の 男 をのこ 皇子 みこ さへ生まれ給ひぬ。

5

【源氏物語/光る君誕生①】心もとながらせたまひての品詞分解

分解 誕生 源氏 品詞 君 光る 物語 分解 誕生 源氏 品詞 君 光る 物語

にて、この君をば、私ものに思ほしかしづき給ふことかぎりなし。

5

【源氏物語/光る君誕生①】心もとながらせたまひての品詞分解

分解 誕生 源氏 品詞 君 光る 物語 分解 誕生 源氏 品詞 君 光る 物語

朝夕の宮仕えにつけても、人の心をのみ動かし、恨みを負ふ積もりにやありけむ、いと 篤 あつ しくなりゆき、もの心細げに里がちなるを、いよいよ飽かずあはれなるものに思ほして、人の 謗 そし りをもえはばからせ給はず、世のためしにもなりぬべき御もてなしなり。 『源氏』という姓をいただく。

5

『源氏物語』「光源氏の誕生」

分解 誕生 源氏 品詞 君 光る 物語 分解 誕生 源氏 品詞 君 光る 物語

公卿や殿上人なども、感心できないと目をそらし、まさに見ていられないほどのご寵愛ぶりだった。 どの敬語も、その敬語を実質的に使った人間からの敬意である。

【源氏物語/光る君誕生①】心もとながらせたまひての品詞分解

分解 誕生 源氏 品詞 君 光る 物語 分解 誕生 源氏 品詞 君 光る 物語

もてなやみぐさ(持て悩み草)=名詞、取扱いに困るもの、悩みの種 なり=ラ行四段動詞「成る」の連用形 しだいに世間でも苦々しく思われ、人々の心配の種になって、 楊 よう 貴 き 妃 ひ の 例 ためし も 引き出で つ べくなりゆく に、 例=名詞、先例、話の種、手本 引き出づ=ダ行下二段、引き出す つ=強意の助動詞「つ」の終止形、接続は連用形。 「日本昔話」のひとつだとは驚きました。 あの方の場合は、周囲の人がお許しにならなかったところに、御寵愛が憎らしいと思われるほど深かまったのである。