ほとばしる 意味。 ほとばしるの類語・言い換え

「迸る」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

意味 ほとばしる 意味 ほとばしる

ほとばしる気持ちを抑えながら、優勝旗を手にした。 ですので、「 gush water」「水が迸る」「 spurt from arteries」「(血液が)動脈から噴出する」「watch blood spurt」「血が迸るのを見る」という表現になります。

19

「迸る」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

意味 ほとばしる 意味 ほとばしる

非常に多く見られる説として、この言葉は「ほと」という言葉と「走る」という二つの言葉が合わさることによって成り立っている訳なのですが、この古事記が表す「ほと」というところから、水が勢いよく「走り出た」様子が元となったとされています。

5

ほとばしるの類語・言い換え

意味 ほとばしる 意味 ほとばしる

「滾る」の3つの意味は? 「滾る」の読み方は「たぎる」 「滾る」の読み方は「たぎる」です。 「迸る」とも書く。 「滾る」の意味3「気持ちが盛んに湧き上がる」 「滾る」の3つ目の意味は「気持ちが盛んに湧き上がる」です。

5

「迸る」の意味・類語【使い方や例文】

意味 ほとばしる 意味 ほとばしる

いつからだったろうか。 またこの「走る」という部分の言葉が躍動するといった意味を持っていることなどから「踊り上がる」といった意味も表す言葉としても用いられるようになり、水が勢いよく噴き出すような表現言葉として一般に広まっていったとされています。

3

「迸る」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

意味 ほとばしる 意味 ほとばしる

こんな迸るような気持ちを忘れてしまっていたのは。 なお、「情熱」などについても、比喩 ひゆ 的に用いる。

3

ほとばしるの類語・言い換え

意味 ほとばしる 意味 ほとばしる

迸るの由来 「迸る」というこの言葉。 I am so fullfilled with blazing passion. まとめ 「滾る」は「たぎる」と読み、「水が煮え立つ」「水の流れが大量に盛んになる」「感情や気持ちが盛んに湧き上がる」という3つの意味があります。

17

ほとばしるの類語・言い換え

意味 ほとばしる 意味 ほとばしる

迸るの文章・例文 例文1. ですので、「provoke an emotional outpouring」「迸る感情を掻き立てる」「 outpouring of emotion」「 迸る感情」「 rush of anger」「 迸る怒り」という表現になります。 情熱で滾る思いでいっぱいだ。 <気持ちが盛 んに湧き上がるの意味>• 「滾る」は日常生活で頻繁に使われる言葉ではないかもしれませんが、意味や使い方を把握しておけば、「水が勢いを増して流れる」と表現する代わりに、「水が滾る」と一言で表現することができます。

13

「滾る」の3つの意味とは?使い方の例文と類語・英語も紹介

意味 ほとばしる 意味 ほとばしる

感情を抑えることができず、気持ちがはやること、また気持ちが盛んに先走るような時に使われます。 「迸る」の語源として漢字の 「迸」に注目すると、音読みで 「ホウ・ヘイ・ヒョウ」と読み、訓読みで 「ほとばしる」と読みます。

9