タゾピペ 腎 機能。 タゾピペ配合静注用4.5「明治」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

タゾピペ配合静注用4.5「明治」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

腎 機能 タゾピペ 腎 機能 タゾピペ

なお、必要に応じて、緩徐に静脈内注射することもできる• ジメチルスルホキシド又はN,N-ジメチルホルムアミドに溶けやすく、水、メタノール又はエタノール(99. ・腎盂腎炎及び複雑性膀胱炎の場合• 本剤は、好中球減少症でありかつ発熱が認められた場合に限定して使用すること。

15

タゾバクタム・ピペラシリン

腎 機能 タゾピペ 腎 機能 タゾピペ

なお、必要に応じて、緩徐に静脈内注射することもできる• 直近の培養検査で緑膿菌の検出がある• なお、耐性菌の発現等を防ぐため、疾患の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめること。

2

β

腎 機能 タゾピペ 腎 機能 タゾピペ

535. 熱傷後感染症、糖尿病性足壊疽(複雑症例)• どうしても必要な場合は、必要最小限の範囲で用います。 カテーテル関連血流感染症• 3.本剤は通常、点滴静注するのが望ましいが、著しい水分摂取制限がかかっている場合等点滴静注が困難な場合には、必要に応じて緩徐に静脈内投与できる。 57 性状• 海外では ZOSYN:ゾシンの名称で販売されており、日本でもそれにならい命名されました。

17

亀田感染症ガイドライン:ピペラシリン・タゾバクタムの使い方

腎 機能 タゾピペ 腎 機能 タゾピペ

伝染性単核球症の患者[ペニシリン系抗生物質の投与で発疹が出現しやすいという報告がある]。

6

ゾシン(ピペラシリン・タゾバクタム)の作用機序と副作用【TAZ/PIPC】

腎 機能 タゾピペ 腎 機能 タゾピペ

腎機能障害患者では、血漿半減期の遅延及びAUCの増加が認められ、血中濃度が増大するので、腎機能障害の程度に応じて投与量、投与間隔の調節が必要である。 直近の濃厚な医療曝露(抗菌薬曝露も含む)• なお、耐性菌の発現等を防ぐため、疾患の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめる。 また、静脈内注射に際しては注射用水、生理食塩液又はブドウ糖注射液に溶解し、緩徐に注射する。

医療用医薬品 : タゾピペ (タゾピペ配合静注用2.25「ニプロ」 他)

腎 機能 タゾピペ 腎 機能 タゾピペ

おわりに. そのため細菌に選択的に作用することができるのです。