自家用 電気 工作 物 保安 管理 規程。 施行規則第52条の規定(自家用電気工作物の「保安管理業務」に係る「別に規定する要件に該当する者」との「委託契約」の経済産業大臣(産業保安監督部長)による承認制度|公益社団法人 東京電気管理技術者協会

施行規則第52条の規定(自家用電気工作物の「保安管理業務」に係る「別に規定する要件に該当する者」との「委託契約」の経済産業大臣(産業保安監督部長)による承認制度|公益社団法人 東京電気管理技術者協会

管理 規程 保安 自家用 物 電気 工作 管理 規程 保安 自家用 物 電気 工作

ただし、電気工作物から除かれる工作物(電気事業法施行令第1条)として、鉄道営業法、軌道法若しくは鉄道事業法が適用され若しくは準用される車両若しくは搬器、船舶安全法が適用される船舶若しくは海上自衛隊の使用する船舶又は道路運送車両法第二条第二項に規定する自動車に設置される工作物であつて、これらの車両、搬器、船舶及び自動車以外の場所に設置される電気的設備に電気を供給するためのもの以外のもの 航空法第二条第一項に規定する航空機に設置される工作物、さらに、電圧30V未満の電気的設備であつて、電圧30V以上の電気的設備と電気的に接続されていないものとなります。 2 法人は、保安管理業務の遂行体制を構築し、保安業務担当者が明確な責任の下に保安管理業務を実施すること。

13

施行規則第52条の規定(自家用電気工作物の「保安管理業務」に係る「別に規定する要件に該当する者」との「委託契約」の経済産業大臣(産業保安監督部長)による承認制度|公益社団法人 東京電気管理技術者協会

管理 規程 保安 自家用 物 電気 工作 管理 規程 保安 自家用 物 電気 工作

(総括主任技術者) 第8条 総括主任技術者は、当該管理部局長を補助し、次の職務を行う。 1 主任技術者が複数の施設を管理している場合で、かつ、主任技術者が常駐していない施設 2 その他電気工作物の保安上必要と認める施設 2 局長等は、主任技術者代行者を指定する時は、次の各号の1に該当する者のうちより指定するものとする。

7

国立大学法人北海道大学自家用電気工作物保安規程

管理 規程 保安 自家用 物 電気 工作 管理 規程 保安 自家用 物 電気 工作

届出に必要な書類(様式)• 個人事業者用様式• 電気事業法第38条で定義された自家用電気工作物には、以下のものが該当します。 詳しくは事前にご相談下さい。 事業場の「所有者」「占有者」または「設置者にみなす者」のいずれかが自家用電気工作物設置者となります。

5

「自家用電気工作物」に係る各種手続き

管理 規程 保安 自家用 物 電気 工作 管理 規程 保安 自家用 物 電気 工作

設置者及びその従業員は、保安規程を守ること。

15

施行規則第52条の規定(自家用電気工作物の「保安管理業務」に係る「別に規定する要件に該当する者」との「委託契約」の経済産業大臣(産業保安監督部長)による承認制度|公益社団法人 東京電気管理技術者協会

管理 規程 保安 自家用 物 電気 工作 管理 規程 保安 自家用 物 電気 工作

受電電圧1万V以上の需要設備、ばい煙発生施設等を他から譲り受け、又は借り受けて使用する場合のみ必要となります。 個人事業者用様式• 経済産業大臣は、一般用電気工作物が基準に適合していない場合は修理や改造などを命じることができます。 自家用電気工作物(500kW未満の需要設備)については、電気工事士法の対象とし、工事の段階での安全を確保(電気工事士法第5条) 維持・運用の段階 電力会社などが事業用電気工作物(火力発電所等)を設置する場合は、一定の技術基準に適合するように設置しなければなりません。

徳島市水道局自家用電気工作物保安規程

管理 規程 保安 自家用 物 電気 工作 管理 規程 保安 自家用 物 電気 工作

絶縁耐力試験装置 (換算係数) 第3条 規則第52条の2第1号ニ及び第2号ハの算定方法は、委託契約の相手方が保安管理業務を実施する事業場(委託契約の相手方が法人の場合にあっては、保安業務担当者が担当する事業場)に係るそれぞれの発電所、需要設備又は配電線路を管理する事業場に応じて次表に掲げる換算係数を乗じて得た値を合計するものとする。 6 設備容量が 1,300kVA以上 1,650kVA未満 1. 継電器試験装置• 1 巡視、点検及び測定 2 応急措置の実施 3 その他施設及び電気工作物の保安の確保に必要な事項 2 保安業務に従事する者は、主任技術者の指示による措置のほか、主任技術者が不在の場合は、前項の業務を実施しなければならない。 内燃力又はガスタービンを原動力とする火力発電所(次号に掲げるものを除く。

自家用電気工作物とは

管理 規程 保安 自家用 物 電気 工作 管理 規程 保安 自家用 物 電気 工作

4.事業用電気工作物の工事、維持又は運用を行う者に対する保安教育に関すること。 )は、保安業務組織を変更する場合は、都市整備局長に協議するものとする。

15