三昧 由来。 贅沢三昧【ぜいたくざんまい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

えっ!仏教語だったの?

由来 三昧 由来 三昧

しかし、戒律を立てない浄土真宗の仏教においても、人間を人間たらしめる原理としての阿弥陀の本願の第一番目には、殺し殺される世界としての地獄が課題とされています。 そして彼がもたらし、訳出した数々の典籍(てんせき)、それこそはとりもなおさず「三蔵」であったのだが、この玄奘の訳出した「三蔵」こそは、後の人々の求法の道しるべともなったのである。

「三昧」の語源は何ですか?「三」は何が三つなのか、「昧」の意...

由来 三昧 由来 三昧

その昔、週休二日制が定着する前は、土曜日には仕事や授業があり、半ドンが普通でした。

14

ぜいたく三昧の「三昧」ってなに?いったいどう意味と由来があるのかを解説! | ガジェット通信 GetNews

由来 三昧 由来 三昧

では、なぜそれらが苦なのでしょうか。

18

三昧とは

由来 三昧 由来 三昧

それゆえに宗祖親鸞聖人も、お釈迦さまの教えを「無明の闇を破る智慧の光」(『教行信証』)であると讃えておられるのでしょう。

贅沢三昧とか読書三昧とか野球三昧とか言うけど、この三昧って語源は何です...

由来 三昧 由来 三昧

また、愛媛県の「ポンジュース」の「ポン」は「日本(にっぽん)」の「ポン」で、日本一(にっぽんいち)のジュースになるようにという願いが込められているそうですので、こちらも「ポン酢」とは関係がありません。 有種子三昧(サビージャ・サマーディ) 心の対象が残っている三昧。

えっ!仏教語だったの?

由来 三昧 由来 三昧

その時期は古くてもこの地方で越前瓦が焼かれるようになる18世紀末を遡ることはあるまい。 最近では、全く反対に、薄情な世相を揶揄(やゆ)しているのでしょうか、テレビ番組に「渡る世間は鬼ばかり」というものまであります。 ともかく"善哉"というと現代では、ほとんどの人が、甘いそれを想像するであろう。

20

贅沢三昧とか読書三昧とか野球三昧とか言うけど、この三昧って語源は何です...

由来 三昧 由来 三昧

佐藤義寛 大谷大学助教授・中国文学 大谷大学発行『学苑余話』生活の中の仏教用語より 三昧(さんまい) 世間では「釣り三昧(ざんまい)」「読書三昧」「ゴルフ三昧」等々、何かに夢中になっている状態を「〇〇三昧」といいます。 そしてこの項目では、そんな『三昧』を用いた仏教用語もいくつかご紹介します。 かるた ポルトガル語の「carta」が由来で、手紙やカードという意味があります。

20

「三昧」の読み方は「ざんまい」ではない?座禅で到達する「三昧」の境地とは|座禅|趣味時間

由来 三昧 由来 三昧

「ポン酢」は柑橘類の果汁が入っていることから、「ポン=ポンカン」と思う人も多いですがポン酢とは関係がなく、ポンカンのポンは原産地であるインドの地名「poona」が由来なのだそうです。 贅沢三昧の結婚式をプレゼントされた。 先生は 読書三昧の生活をしていたから、豊富な知識を持っているんですね。

6

【日本語じゃないの?】外来語とは知らずに使っていた意外な日本語

由来 三昧 由来 三昧

【語源・由来・成り立ち】 三昧(ざんまい)の語源・由来について、もとは仏教語で、修行において ひとつのことに集中する瞑想的な境地を意味した。 。 簿記(ぼき) 英語の「bookkeeping」が由来で、明治6年(1873年)に西洋式簿記が日本に伝わり、アメリカの簿記の教科書を日本語に翻訳する時に、福沢諭吉が「簿記」と訳したそうです。

16